閉じる
  1. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  2. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  3. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  4. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
閉じる
閉じる
  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  6. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  7. youtube Liveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から…
  8. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
  9. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン…
  10. ソーシャルディスタンスに関するPOPデザインを無料配布、スギタプリディ…
閉じる

看板経営.com

渋谷駅直結・直上の新ランドマークが来秋開業へ。ロゴデザインやコンセプト固まる

大規模な再開発が進む渋谷駅周辺のプロジェクトについて11月15日、渋谷スクランブルスクエア、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄は、複合施設「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」の主要3施設の名称・ロゴとコンセプトを発表。合わせて、開業が来秋に決定したことを報じた。同施設は、地上47階建てで、展望施設(14階、45~47階)、産業交流施設(15階)、商業施設(地下2階~14階)、オフィス(17~45階)により構成される。各施設の詳細は次のとおり。

■SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)

14階、45~47階の展望施設。ロゴデザインは、漢字の「空」がモチーフだ。円の中を水平・垂直・斜めのさまざまな分割線で構成し、大地とそこから広がる青空を表現した。

屋上展望空間は日本最大級の約2500㎡で、高さは地上約230m。スクランブル交差点や、富士山、東京スカイツリーなどを一望できる、360度パノラマビューを実現している。

■SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)

15階に位置する産業交流施設で、ロゴデザインのモチーフは、「問」。QWSの頭文字である「Q」を、対話・発信を表した「吹き出し」に見立て、水平・垂直・斜めのさまざまな分割線で形成している。カラーはブルー、イエロー、ダークグレー、ライトグレーの4色。それぞれ、冷静な思考力、クリエイティビティ・成長力、芯の強さ、調和力を表現している。

年齢やジャンルを問わず、多様な人たちが交流し、社会価値につながるアイデアや新規事業などを生み出す場となることを目指すという。

■渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン

地下2階~14階の16フロアで展開する都市型商業施設。コンセプトである「ASOVIVA」は、“「憧れ」や「ワクワク感」を求めて渋谷に訪れた人をVIVAな気持ちにさせる”という思いが込められている。

また、週から月単位でテナントを入れ替えるポップアップスペースや、イベントスペースを多数設置。最も旬な情報を随時提供していく予定だ。

【渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)の施設概要】
名  称:渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE 第Ⅰ期(東棟)
事業主体:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
所  在:東京都渋谷区渋谷二丁目23番 外
用  途:事務所、店舗、展望施設、駐車場など
延床面積:約18万1000m² (全体完成時 約27万6000m²)
階  数:地上47階 地下7階
高  さ:約230m
設計者 :渋谷駅周辺整備計画共同企業体 (日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本建築設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、ANAA事務所
施工者 :渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
運営会社:渋谷スクランブルスクエア株式会社(東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄の3社共同出資)
開  業:2019年秋

.

合わせて、道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業に参画する東急不動産は、ビル名称を「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」に決定したことを発表した。「膨らます」という日本語から、渋谷およびビルを訪れるすべての人々の幸福を大きく“膨らませて”いきたいという思いを込めている。

ロゴマークは、街のエネルギーが凝縮された「膨らむ結晶体」。メインカラーのシルバーによって、洗練・品格・先進性を表現するともに、すべての色や個性を輝かすことのできる柔軟性や多様性を示した。

【道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業】
事業主体:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
所在地 :東京都渋谷区道玄坂一丁目38番(地番)
用  途:店舗、事務所、駐車場など
敷地面積:約3336m²
延床面積:約5万8970m²
階  数:地下4階~地上18階
高  さ:約103m
設計者 :デザインアーキテクト/手塚建築研究所、マスターアーキテクト/日建設計 設計・監理/清水建設一級建築士事務所
施工者 :清水建設
竣  工:2019年秋(予定)

今後渋谷区では、来年3月に大型オフィスビルを竣工予定としている南平台プロジェクトや、渋谷駅桜丘口地区の再開発などを実施。 渋谷駅周辺の大規模な動線改良や、広場の設置・活用なども、今後整備されていく予定だ。各開発計画の詳細については、逐次発表していく。

画像引用:東京急行電鉄、東急不動産、渋谷スクランブルスクエア、東日本旅客鉄道、東京地下鉄、道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合

関連記事

  1. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出

  2. jeki 「交通広告グランプリ2018」作品募集を開始。作品応募…

  3. 9年ぶりに名物ランナーの灯り消える。東日本大震災以来の自粛消灯、…

  4. 札幌市 看板の点検を義務化へ。違反者には罰金30万円以下

  5. 透明・不透明を切り替えられる調光フィルムが駅内コンビニで採用、凸…

  6. 品川駅で新たな交通広告の実験スタート。LED FANが生む肉眼で…

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本HP
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ
ページ上部へ戻る