6月に北海道で地方例会、8月に東京でオープンセミナー、サインスクール入門編を開催へ。2022年度総会で承認、サインの森

サイン関連企業による全国ネットワークを展開するサインの森は2月25日13時、「2022年度 第8回総会」を東京・神田のアーバンネット神田カンファレンスで開催した。

定刻、会長の林義幸氏は次のように挨拶。「コロナ禍による業績悪化で苦しむ業界内企業も多いなか、当会としては一致団結して皆さまのお困りごとへ一緒に寄り添っていければと考えている。何か困っていることがあれば、気兼ねなく事務局まで相談してほしい。こんな時だからこそ、150社を超えるメンバー間のネットワークを生かし、皆で協力して参考になる事例やアドバイスを出し合い、それぞれの会員が抱える課題を解決していきたい」

林会長「皆で会員の抱える課題を解決したい」

総会の開催にあたり、専務理事の増田二郎氏が定足数(総会員数152社のうち、会場15社・オンライン67社・委任状36社の計118社が参加)を確認。次いで林会長を議長に選出し、2021年度事業・決算報告および、2022年度事業計画・事業予算の承認などについて議案審議。いずれも満場一致で可決した。

2022年度事業計画として、例会についてはリアルとオンラインを併用しながら10回ほど開催予定。特に6月17日(金)には、北海道で地方例会を予定し、栄和サインシステムの工場見学会も併催する。9月2日(金)にはS&Dショウに合わせ、一般からも参加できる「オープンセミナー」をアーバンネット神田カンファレンスで実施する。会員増強にあたっては、兼ねてからの目標であった150社を2021年度に突破し、今後は会員不在県の奈良や会員1社のみの府県を最優先にしていくとした。

社員教育事業については、5月17日(火)〜21日(土)に入社1年-3年を対象とする「第9回サインスクール 初級編 全知識向上」と、8月19日(金)〜20日(土)にデザイナーやデザイン営業の実務経験3年以上を対象とする「第2回サインスクール デザインスキルUP講習(東京ミッドタウン内の研修施設)」を実施するほか、8月26日(金)〜27日(土)には新しく入社1年前後を対象とする「第1回サインスクール 入門編」を行う予定だ。資格取得講習に関しては、第二種電気工事士試験の対策講習やフルハーネス型墜落制止器具作業の特別講習などを計画している。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 東京都大田区の蒲田東口商店街でフラッグ広告を掲出。SDGsの課題解決に向けてまい進、一般社団法人ON…

  2. スクウェア・エニックス FF旅行パンフレット風のチラシを配布!?

  3. 話題の映画とコラボした巨大ボードが渋谷に出現、ソフトバンク

  4. 展覧会風の交通広告

  5. 昭和時代の駅前の象徴「伝言板」が復活! 多種多様な手書きメッセージを届けるポスターが全国47都道府県…

  6. カ・ラ・ダファクトリー 佐々木希さんの新年応援メッセージを交通広告に

  7. ポスター広告でまちをジャックできる新しい屋外広告サービスを開始。第1弾として、東京・原宿エリアで展開…

  8. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー

  9. 江戸川乱歩の作品を完全オリジナルのデザインで表現。新たな乱歩の世界観をデジタルプリントで演出、LSS…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP