凸版印刷 フルカラー電子ペーパーのデジタルPOPを開発。試作モデルの実証実験へ

凸版印刷は、フルカラー電子ペーパーを使用したデジタルPOPを世界で初めて開発。試作モデルの実証実験を、2月20日から、三越伊勢丹の新宿店本館で開催されるイベント、「花々祭」内で実施する。

電子ペーパーの媒体となるパネルは、台湾・E Ink Holdings社の製品を使用。32,000色のフルカラー表示が可能となる、Advanced Color ePaper (ACeP)だ。デジタルPOPを提供することで、主に店舗装飾向けで課題になっていた、POP制作の効率化と廃棄物削減を目指すという。

従来のアナログ仕様の店内装飾向けPOPは、出力物の裁断、パネル貼り、什器への取り付け、設置といった作業が必要とされるばかりか、イベントの終了と共に廃棄されており、非効率性が懸念されていた。

凸版印刷が今回開発した、フルカラーデジタルPOPは、PCやスマートフォンから簡単に表示の切り替えができ、作業の大幅な効率化を実現。継続的に使用できるため、廃棄物を削減し、環境負荷を大きく低減させる。

このほか、表示の際に電力を必要とせず、電源コンセントの確保や電源コードの取り回しが不要。そのため、転倒リスクが低減し、移動を容易とするなど、高い利便性を持つ。

同社が提供していた以前の電子ペーパーは、反射率が低く、4,096色と表示色数が少なかった。しかし、ACePでは、シアン、マゼンタ、イエロー、ホワイトの4色の帯電顔料を採用し、1.5倍以上の反射率と数倍以上の色再現域とすることで、32,000色の表示を可能に。より訴求力のある店内装飾向けPOPの展開ができるようになった。

効果検証の実証実験を実施する伊勢丹新宿店本館では、毎年各店舗が春にちなんだ製品や催しを提供する恒例のイベント「花々祭」を開催している。店頭に設置し、見映え、使い勝手、安全性などの確認、および作業の効率化・廃棄物削減などの効果検証する予定だ。

期間は、2月20日から3月26日まで。正面玄関である本館1階に設置される。

今後、凸版印刷とE Ink Holdings社は、引き続きフルカラー電子ペーパーによるデジタルPOPの商品化・市場開発を協働して推進。さらなる作業効率化・廃棄物削減を目指し、小売、製造・物流、防災、交通など幅広い分野で、用途拡大に向けた取り組みを行っていく。

世界初のフルカラー電子ペーパーを使用したデジタルPOPのプロトタイプ © Toppan Printing Co., Ltd.

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「mineo」ユーザーを通信制限から救う屋外広告が登場。携帯電話のデータ容量を無料で受け取れるサービ…

  2. 九州サイン&デザイン ディスプレイショウ 6月1〜2日に開催

  3. 3.2m幅のダイレクト昇華プリンター「PLUTINUM」を内覧会で初披露、上野山機工

  4. 全国のオフライン広告をワンストップ管理するプラットフォームの正式提供を開始、ビズパ

  5. 「SIGN EXPO 2023」が6月14〜16日に大阪南港ATCホールで開催。サイン業界関連企業4…

  6. 日本初となる成果報酬型の屋外広告システムを開発。秋には効果検証したデータの情報提供も予定、ジャオダッ…

  7. アジア初導入となるUVIJP Durst P5をオープンハウスで公開、NSK

  8. スマホ内で応援広告の掲出を完結できるオンラインサービスを開始。応援広告事業のさらなる強化へ ジェイア…

  9. アニメのライセンス獲得とグッズ製作ビジネスのいろはを学べるセミナーを11月25日に開催、ミマキとシン…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP