【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結

武藤工業
幅広いメディア対応力を持つ溶剤系インク・MPインクを搭載するプリンター「ValeuJet」の省スペースモデル「VJ-628MP」を展示。同インクは、紙だけでなく、アクリル、PP、PET、金属、合成皮革など、幅広い素材にプリントでき、熱や伸びにも強く、曲げても印刷面に割れが起きにくいのが特徴。ORISでの色合わせにも対応する。

さまざまな出力サンプルも紹介し、サイン・ディスプレイ関連はもとより、商業用途やパッケージ印刷、プルーフ印刷など、業種に縛られない提案力をアピールした。


ローランド ディー. ジー.
新開発のプリントヘッドを搭載し、昨年11月に発売したUV-LED IJP「VarsaUV LEC2-300」と、同12月に発売したオンデマンド箔転写機「Laser Decorator LD-300」がブース展開の肝。

「VarsaUV LEC2-300」は、CMYKのほかクリアと白インクも搭載する新モデル。72種類のテクスチャパターンデータを標準装備し、印刷面の輪郭カットができる加工機能もついているため、特殊印刷にも適する。クリアインクの出力サンプルを用意するなど、表現力の高さを訴求した。

「Laser Decorator LD-300」は、A4サイズ、高さ20㎝までのプラスチック素材に加え、紙、本革や、合成皮革製品への箔転写に対応。こちらもさまざまな出力サンプルを提示し、対応力の高さを示した。


日本アグフア・ゲバルト
「A bridge to the future」 をブースコンセプトに、印刷会社向けの利益創出を目指すソリューションを紹介。

品質向上を実現する「アズーラ速乾印刷」と一人当たりの生産性を高める「プリプレスのファクトリーオートメーションシステム」 を提案した。

ブース内のステージでは、約30分に1回のペースで、「プリプレスのファクトリーオートメーションシステム」の解説や、さらなる業務効率化を図る「クラウドワークフロー」についてなど3種類のセミナーを順番に実施。そのほか、同社主催の印刷技術を競い合うコンテスト「Sublima Contest」についても紹介した。


新星コーポレィション
エプソンの新製品「SC-P9550」を用いた出力デモを実施。従来機の約2.3倍となる高速出力や、グレーとバイオレットを同時搭載したことによる高色域をPRした。
そのほか、ファブリック用クロス、ポスター、電飾メディアなど、同社オリジナル商材を中心に紹介。特に近年注目されつつある布メディア関連の商材に注力したという。

Print Friendly, PDF & Email
次のページを読む >>
1

2

3

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る