若者のSNS利用実態を調査。今後の企業PRに欠かせない「Z世代」に向けた広告展開とは、メトロアドエージェンシー

メトロアドエージェンシーのマーケティング部は3月31日、若者たちを対象とした「SNSの利用実態調査」の結果を発表した。アンケートに回答したのは、1996年以降に生まれた東京都在住の若年層500人。生まれた時からインターネットが当たり前の世界で育った、「Z世代」と呼ばれる若者たちだ。

まずはじめに、各SNSのアカウント所有率を比較。LINE、Twitter、YouTube、Instagramの上位4つが、他のSNSを大きく引き離す結果となった(図1)。

図1

特にLINEは、所有率が9割越え。Z世代にとっては、なくてはならないツールになっていると言えるだろう。さらに、Twitterは約9割、Instagramも約8割と高い数値を記録し、SNSがいかにZ世代にとって身近な存在かが分かる結果となった。

一方で、次点となるTikTok とFacebookは、約3割の保有率に留まった。若者に人気と言われているTikTokと、ユーザーの年齢層が比較的高い印象のあるFacebookが拮抗したのは、意外な結果と言える。

続いて、Z世代のSNS利用頻度について、LINEは9割、YouTube、Instagram、Twitterでは約8割のZ世代が「毎日利用している」と回答。アカウント所有率が高いSNSは比例して利用頻度も高くなるのが分かった(図2)。

図2

しかし、ここでも意外な結果となったのは、TikTokとFacebook。前述した所有率はどちらも3割ほどだったのに対し、利用頻度ではTikTokは約7割、Facebookは3割弱と、大きな差が見られた。

では、これらのツールをどのように使い分けているのだろうか。LINEは連絡ツール、YouTubeは動画閲覧に特化しているツールだが、TwitterとInstagramはさまざまな機能を持っているため、使い方も三者三様だ(図3)。

図3

Twitterは、「趣味に関する情報収集・交流」「検索・トレンドリサーチ」と回答した人が多く、情報収集を目的に使われているケースが多いと分かった。

一方で、Instagramは「知人・友人の近況を知る」「連絡ツール」として活用している人が多いという結果に。近しい人とのコミュニケーションツールとして活用されているようだ。

これらの点を踏まえて、SNS上で展開される広告効果はいかほどなのか。「SNS上で広告に関する投稿を見たことがあるか」という質問に対し、全体の50%以上が、「ある」と回答(図4)。

図4

SNS上で話題になっている広告のイメージ

さらに、SNSで見聞きした情報をもとにWeb上でさらなる情報を収集したり、友人に話したり、実際に足を運ぶ、というような何かしらの行動をとった割合を調べると、主要SNSアカウント所有者の半数以上が「行動経験あり」と回答した(図5)。

図5

スマホひとつでさまざまな情報にアクセスできる現在、SNSでの拡散を前提とした上手な広告展開ができれば、Z世代を中心とした幅広いPRも可能になる。Z世代に対するリーチの拡大と行動喚起を、どのように呼び起こすか。今後はそれが、広告展開する上でのひとつの肝となっていきそうだ。

画像出典:メトロアドエージェンシー

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

  1. TOKYO AUTO SALON 2021 バーチャルオートサロン

    1月 15日 - 11月 30日
  2. DOMOTEXDIGITALDAYS

    5月 19日 - 5月 21日
  3. LED JAPAN 2021

    5月 26日 10:00 AM - 5月 28日 5:00 PM
  4. 九州印刷情報産業展

    6月 4日 10:30 AM - 6月 5日 10:30 PM
  5. 広州国際照明展2021

    6月 9日 - 6月 12日

アーカイブ

ページ上部へ戻る