若者のSNS利用実態を調査。今後の企業PRに欠かせない「Z世代」に向けた広告展開とは、メトロアドエージェンシー

メトロアドエージェンシーのマーケティング部は3月31日、若者たちを対象とした「SNSの利用実態調査」の結果を発表した。アンケートに回答したのは、1996年以降に生まれた東京都在住の若年層500人。生まれた時からインターネットが当たり前の世界で育った、「Z世代」と呼ばれる若者たちだ。

まずはじめに、各SNSのアカウント所有率を比較。LINE、Twitter、YouTube、Instagramの上位4つが、他のSNSを大きく引き離す結果となった(図1)。

図1

特にLINEは、所有率が9割越え。Z世代にとっては、なくてはならないツールになっていると言えるだろう。さらに、Twitterは約9割、Instagramも約8割と高い数値を記録し、SNSがいかにZ世代にとって身近な存在かが分かる結果となった。

一方で、次点となるTikTok とFacebookは、約3割の保有率に留まった。若者に人気と言われているTikTokと、ユーザーの年齢層が比較的高い印象のあるFacebookが拮抗したのは、意外な結果と言える。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【HP Latexプリンター導入事例】イタミアート

  2. 大容量・安定性・低価格を兼ね備えた職人向けポータブルバッテリー「L Power エルパワーシリーズ」…

  3. 【連載/第2回 ルーキーの足跡】即戦力の営業マン、髙橋瑠之介さん

  4. 「2022年度 新型コロナウイルスの影響について」のアンケート調査結果。約半数の企業で陽性者を確認し…

  5. JAPANTEX2022 特別展示「第2回デジタルプリントインテリアフォーラム」が盛況裡に閉幕。最先…

  6. SNSで話題になった「はなまる」じゃない店舗看板。日本有数のうどんチェーンが手がけるはなまるな遊び心…

  7. 社員が働く環境を第一に考えた新オフィスにリニューアル。併せて、アップル社の創業者・スティーブ・ジョブ…

  8. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結

  9. 建設業界の約7割が人手不足を実感。相次ぐインバウンド需要への対応で、賃金をアップする企業も増加傾向 …

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP