EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボックスは調光演出が進む

国際店舗設備・販売促進機材展「EuroShop」が、2月16日10時(日本時間16日18時)にドイツのメッセ・デュッセルドルフで開幕した。

EuroShopは、3年に一度開催される世界最大のリテール業界展。12万5000㎡を擁する会場はPOPマーケティング、展示会・イベントマーケティング、店舗設備・デザインなどの8ゾーンで構成する。開催規模は出展者数が57カ国・約2300社で、来場者数は11万人を見込む。

今回もサイン・ディスプレイシステムの主役としては、LEDを内蔵したファブリックサイン「ライトボックス」の出展が際立ち、LEDに調光機能などを付帯することでグラフィックに動きを与える演出表現が増えつつある。ライトボックスよりも簡易仕様となる、逆U字のアルミポールに伸縮性のある布素材を覆い被せるタイプも所狭しと並ぶ。

LED FANによるホログラムマシンは、欧州でも注目の的。LEDで覆われた羽部分が回転することで、三次元アニメーションが浮かび上がる仕様に、人が群れをなしていた。デジタルサイネージはシースルータイプをはじめ、流れる水への照射や万華鏡のような演出など、より立体的な表現が多く見受けられる……(詳細は雑誌「看板経営」4月号の特集で掲載)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、ミマキ

  2. コミュニティバス車内の広告とナビタイムのWeb・スマホアプリ広告をセット提供、表示灯

  3. デジタル印刷とエンボス加工をワンストップでできるラテックス機を紹介、NSK

  4. アニメのライセンス獲得とグッズ製作ビジネスのいろはを学べるセミナーを11月25日に開催、ミマキとシン…

  5. 昭和時代の駅前の象徴「伝言板」が復活! 多種多様な手書きメッセージを届けるポスターが全国47都道府県…

  6. 渋谷宮益坂に90㎡超の大型LEDビジョンが新設。12月1日から運用

  7. 西日本最大の業界展「SIGN EXPO 2022」の出展社を3月31日まで募集中、近広連

  8. SNSと屋外広告を連動させた「ポイ捨て防止プロジェクト」を実施。一般から投稿者募る、コソド

  9. インボイス制度の登録申請を10月1日から受付。仕入税額控除を受けるために対応は必須か、国税庁

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP