【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結

国内最大級の印刷メディアビジネス総合イベント、page2020が5日から7日までの3日間、東京・池袋のサンシャインシティコンベンションセンター開催された。主催は日本印刷技術協会。出展社数は166社573小間で、来場者数は3日間で6万7,210人を数え、共に前年と比べて微増となった。

今回のテーマは「デジタル×紙×マーケティング for Business」。印刷分野はもちろん、マーケティングやデジタル分野も含めた多種多様な企業が集まったほか、カンファレンスとセミナー合わせて31セッションを実施した。

本サイトでは、サイン・ディスプレイ業界関連の出展社について、写真レポートを掲載していく。


ミマキエンジニアリング
周囲の明るさで全く異なるデザインに切り替わる電飾サイン「リライトプリント」や、カメラのフラッシュによって隠された絵柄が浮かび上がる「フラッシュプリント」をPR。スマホの写真機能と連動させるなど、SNS向けの体験型プロモーションを訴求した。

そのほか、参考出品となった「UCJV300-75/107」では、厚さ20μmのメディアへダイレクトで印刷する出力実演を実施。LED-UV 硬化フラットベッドIJP「UJF-7151Plus」と、カッティングプロッタ「CFL-605RT」、レーザー加工機「Speedy36」を組み合わせた、多種多様なサンプルも紹介した。


リコージャパン
「MEET NEW VALUE」~新たな価値との出会い~ をコンセプトに、販促関連や印刷業界へ向けたブースを展開。

デジタルサイネージや香りサイネージ、タッチサイネージによって既存の紙に動きや音の要素を作り出す提案を行う「Ric Cafe」や、ARアプリ、360度カメラなど最新機器を使って新たなコンテンツのあり方を探る「イベント広場」など、多彩な角度から紙に付加価値を与えるコミュニケーションツールを紹介した。

プリンター関連としては、「RICOH Pro C9210」を分解し、マシンの内部を紹介。構造をよりわかりやすくレクチャーした。また、「RICOH Pro C7200s」と、シートカットや筋入れ・ミシン加工までをワンストップでできるホリゾングループの加工機「SMSL-100」を連結し、出力と後施工を自動化するマシンを関東で初出品するなど、印刷会社のニーズに沿った製品群をPRした。


エプソン販売
昨年9月に発売したフォト・プルーフ用水性IJP「SC-P9550」と、今年1月にリリースしたエコソルベントインク搭載大判IJP「SC-S80650L」の2機種をメーンにブース展開。

「SC-P9550」は、新ノズルによって従来機と比べて約2.3倍にまで向上した生産性とともに、バイオレットとライトグレーの2色を同時搭載した11色のインクセットによる滑らかな色域をアピールした。

同様に「SC-S80650L」は、新しく採用されたインクパックを訴求。容量が格段に向上し、長時間印刷時の交換の手間を省いたり、丸めて捨てられるため、使用後の保管スペースが9割削減されるなど、ユーザー目線に立った使いやすさを意識した提案を行った。

Print Friendly, PDF & Email
次のページを読む >>

1

2 3

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る