UV機のフラッグシップモデル「UCJV330シリーズ」を10月に発売。5層印刷をはじめ2.5Dや透かしプリントにも対応 ミマキエンジニアリング

ミマキエンジニアリングは9月19日、UV-LED方式のRoll to Roll機「UCJV330シリーズ」を発表した。フラッグシップモデル「330 Series」の高生産性と高品質に、同社のUVプリント技術を融合させたプリント&カット対応機で、本格リリースは10月下旬を予定している。

UCJV330シリーズは、CMYKに加えてLc/Lm/W/CLインクを標準装備し、一般的な屋外広告に使用される白ベースのシートだけでなく、乳白や透明、下地色付きなど、さまざまなメディアへの表現が可能。PVCはもとより、PET、PUなどの樹脂フィルム、布、紙といった幅広い基材に対応する。

表裏で異なる絵柄を表現できる5層印刷への対応をはじめ、デザインに凹凸を追加する2.5Dプリントや、後方光源によって2次画像のシルエットが浮かび上がる透かしプリントなど、新技術による多彩なデザインもできる。さらに、出力後のメディアを自動でカットできる機能も搭載。切り替える手間いらずで、ポスターやラベル、ステッカー、ポップなど、豊富なアプリケーションを製作可能としている。

そして、同シリーズの発売に合わせて、大判プリンターの状況を見える化できるクラウド型ツール「PICT」の提供を開始するのもポイントだ。同サービスを使えば、PCやモバイル端末によって、遠隔からでもプリンターの稼働状況や実績を確認可能。加えて、1台ごとのインク使用量や今後のメンテナンス計画、インクの在庫管理を行えるなど、マシンの業務効率向上と運用管理を広い視点からサポートするさまざまな機能を搭載している。「UCJV330シリーズ」はもとより、同社製品を使用しているユーザーであれば、誰でもWebサイトを通して「PICT」を活用できるそうだ。

なお、「UCJV330シリーズ」の本体価格は、1,300㎜幅の「UCJV330-130」は338万円(税別)、1,600㎜幅の「UCJV330-160」は358万円(税別)で提供。年間1,000台の販売を目指していく。

製品スペックの詳細は、以下の通り。

□ 10月2日に記事の追記・修正をしました。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 京都駅の大型サイネージで京都四大行事のイメージ映像を放映、JR西日本コミュニケーションズ

  2. 2018年度の全国倒産総数は8057件、負債総額は前年度比40%減と大幅減少

  3. “推し活”を全面サポートする新たな屋外広告の在り方「FUN FLAG」について学べるオンラインセミナ…

  4. 気象データと連動した情報を配信する「気象連動型デジタルサイネージ」を開発、ルグラン

  5. 人流データを用いた独自の調査結果を発表、屋外広告による人の流れを可視化、クロスロケーションズ

  6. SNSと屋外広告を連動させた「ポイ捨て防止プロジェクト」を実施。一般から投稿者募る、コソド

  7. AIの活用でターゲット層が絞り込める新しいDOOH広告を提案するウェビナー開催、SMN

  8. 外照式サイン向けのLED照明「パワーポラックス3」をリリース。最大H7,000㎜の照射を達成、三和サ…

  9. 2021年の世界の広告市場はコロナ禍前の水準を上回る。屋外広告もほぼ回復に、電通グループ

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP