首都高速道路沿いに新たな大型広告ビジョンを3面新設、ヒット

大型屋外ビジョンを多数保有するヒットは8月25日、首都高速道路3号渋谷線・西麻布付近に、W8×H10mの大型広告ビジョン2面を新設したと発表。3月より先行稼働を開始している首都高速道路環状線・麻布十番付近の大型広告ビジョンと合わせて、3面の新ビジョンが誕生した。同社が運営するデジタルLEDボードは、これで合計15面になる。

新ビジョンは、環状線内回りの一ノ橋ジャンクション手前の渋滞ポイントと、首都高速でも有数の通行量を誇る3号渋谷線沿いに設置。毎日多くの交通量が見込めるのはもちろん、上り・下り双方から確認できるため、高い強制視認効果、長時間視認を期待できる。

同社はこれまでも、首都高速沿いに設置されたデジタルLEDボードを活用した広告配信サービスを実施。今回の新設ビジョンにおいてもこれまでと同様、さまざまな広告動画を配信していく。

ビジョンは自光式で、高輝度・高精細のLEDを採用し、鮮明な映像表現を実現。首都高速道路を利用するドライバーに向けて、効果的な訴求が可能となっている。

環状線内回り・麻布十番付近に設置された新設ビジョン

3号渋谷線・西麻布付近に設置された新設ビジョン

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 掲出先での看板デザインの見え方を事前に確認できるMRアプリ

  2. 伊豆半島景観看板大賞が新設

  3. オフィスの改装を記念してスティーブ・ジョブズ氏の写真展を開催。新社屋ではハード面を大幅に刷新し働き方…

  4. SNS感覚で情報を発信できるデジタルサイネージアプリ「ニュースボード」を発表 サイバーステーション

  5. 「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」を2月28日から開催。「JAPAN SHOP」では、SDGs…

  6. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン

  7. 好きな芸能人やキャラクターとの撮影を擬似体験できるサイネージの提供を開始、凸版印刷

  8. 簡単な写真撮影だけで全国の看板メンテナンスを一元管理できるスマホアプリをリリース、ウエスト

  9. タマディック 創業60周年に合わせ「設計十訓サインボード」の新幹線駅掲出を拡大

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP