コロナ禍やSDGsに合わせたRe-boardの使い方が分かるWebセミナーを実施、日本製図器工業

日本製図器工業(NSK)は1月28日、オンライン上で「Re-boardセミナー2021」を開催した。今年は13回目にして初となるWebセミナーとなり、当日はおよそ300人が視聴した。これまでのセミナーは、会場の都合から最大160人規模で行われていたため、過去最大の視聴者数を記録したという。

これは、同社の人気商品であり、什器やディスプレイ製作に最適なエコ素材「Re-board」の使い方を改めてレクチャーするセミナー。コロナ禍によって需要が伸びた同製品によるパーテーションやSDGsへの貢献など、近年のトレンドに合わせたソリューションを提供する内容となっている。

冒頭、NSKの福田正範社長によって実際にRe-boardをパーテーションとして活用している大阪ショールームの様子を配信。続いて、100%の紙製で軽量でありながら頑丈、かつ高い印刷性能を持つなどの特徴を改めて解説し、同製品で製作した机や椅子、ディスプレイなどさまざまな出力物をアピールした。福田社長は「紙とは思えないほど頑丈なのが最大のポイント。2007年に製作した什器が、いまだに展示されているという報告もある」と耐久性には太鼓判を押す。

NSKのオフィスで使用されているRe-board製パーテーション

また、東京ショールームでは、同社UV-IJPやマルチカッティングマシン「Kongsberg」などを紹介。実機の稼働デモを交えながら、コロナ禍で求められるビジネスモデルについて、Re-boardとの組み合わせ提案を訴求した。

このほか、2021年のマーケット予測、新発表のマテリアル、Re-board用の設計データをダウンロードできるサービス、活用できる助成金の情報などを紹介。多方面から、サイン製作会社の課題を解決する提案が行われた。

>>>Re-boardやセミナー関連の最新情報についてはこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ヘソプロダクション チェブラーシカの飛び出す看板を先行販売

  2. 2022年の総広告費は過去最高の7兆1,021億円に到達。屋外広告は2,824億円と前年比103.1…

  3. 「再生回数=インプレッション数」のデジタルメディア! 個室トイレへの動画広告配信サービスを開始、hu…

  4. 違法看板を取り締まる「第27回捨て看板等の共同除却キャンペーン」を実施。違反物の約9割が不動産という…

  5. JR渋谷駅西口の仮囲いが巨大な壁画アートに!? 著名な芸術家5氏を招いたアートプロジェクトを開始、T…

  6. 紙製什器の印刷に最適な水性顔料インク搭載機が国内初導入。大手ディスプレイ企業・リンクスでオープンセミ…

  7. 駅名サインが「京急かぁまたたたたーっ駅」に一新

  8. 3モデルの産業用インクジェットヘッドを世界同時発売、リコー

  9. 看板表面を汚れから守る専用のコーティング剤を販売。併せて全国の製作会社が施工サービスも開始、KeeP…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP