ジョイナーの写真がデジタルプリントで迫力ある壁紙に。ヴィヴィアンは肖像画調にアレンジ、LSSの特別展第2弾

リンテックサインシステム(LSS)が2月に新設したアートギャラリー「ii-Crossing(イイクロッシング)」では、オープニングイベントとして写真家の小平尚典氏による写真展を3月と4月に連続展開。4月に行われた特別展第2弾「THE THINKERS STEVE JOBS+」では、米・アップル社の共同設立者であるスティーブ・ジョブズのポートレートをはじめ、パーソナルコンピュータの発展に貢献したレジェンドたちや、欧米のカルチャーに多大な影響を与えた人物の貴重な写真が並んだ。

今回は、同社のデジタルプリント壁紙「プリンテリア」や粘着剤付き化粧フィルム「パロア」などの豊富なラインアップをふんだんに活用し、異なる風合いのさまざまなメディアを来場者が体感できるように工夫した。このなかでも、注目を集めたのがソウルオリンピックで3冠を果たした米国のスプリンター、フローレンス・ジョイナーの迫力ある壁紙だ。サイズはW2,800×H2,300㎜。プリンテリアを3枚に分けて溶剤プリンターで出力されているものの、そのつなぎ目に気づけないほどきれいに貼られている。隣接する床面はグラフィカルの「フロアデコ」で陸上のレーンを演出し、ガラス面はグラフィカルの「GSP」でメーングラフィックをより際立たせるデザインを施した。

会場奥にあるジョイナーの大型壁紙には自然と視線が引き込まれる

次に目を引いたのが、英国のファッションデザイナーであり、自身のブランド名にもなっているヴィヴィアン・ウエストウッドの写真。一見、肖像画と言われても分からない重厚感が、水性ベースプリンターのプリンテリア「DIMENSE」の出力によって生み出されている。これは、最大400度でメディアを加熱して発泡させるとともに、その発泡を部分的にストラクチュアルインクで抑制することで、最大厚1㎜の凹凸をプリント可能にしている。

左がヴィヴィアン、右はアーティスト集団・OVER ALLsによるジョイナーのアートペイント

今回写真を提供した小平氏は「私の作品をハイエンドのIJPと壁紙で、さまざまな形で表現してもらい嬉しく思う。これだけ大がかりなサイズをきれいにプリントできるだけでなく、写真を多目的かつ多様性を持って活用できるところにアートの可能性を感じる」と口角を上げる。写真というジャンルの枠を超えて、デジタルプリントとのコラボによるアート、壁紙そのもののアートへの昇華など、今回の展示は新しい写真の魅力を引き出してくれたと続けた。

左から鈴木さんと一緒に会場設営したDS営業部の長谷川友花さん、小平氏、鈴木さん

イイクロッシングの案内役の1人、DS営業部の鈴木薫さんは展示会場における作品の取り付けはもちろん、床や壁のペンキ塗りまで同期の3人と一緒に手がけた。「当社の新しい取り組みとして始めたアートギャラリーに1人でも多くの方に来ていただけたら嬉しい。定期的にアーティストの方々とのコラボも実施していくので、ぜひ楽しみにしてほしい」(鈴木さん)

>>>展示会場をドローンで撮影した動画はこちら(動画提供:小平尚典氏)

■ イイクロッシングの概要

  • 住  所:東京都千代田区飯田橋4-6-2 東洋美術印刷本社1階
  • 営業時間:平日10時〜17時
  • 入場料 :無料
Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

  1. TOKYO AUTO SALON 2021 バーチャルオートサロン

    1月 15日 - 11月 30日
  2. PIショー秋2021

    9月 8日 10:00 AM - 9月 10日 5:00 PM
  3. NeoCon 2021

    10月 4日 - 10月 6日
  4. 第6回あいちKANBANフェスタ2021

    10月 6日 9:00 AM - 10月 7日 4:00 PM
  5. FESPA Global Print Expo 2021

    10月 12日 - 10月 15日

アーカイブ

ページ上部へ戻る