コロナ禍で悩む若者たちの心の声を代弁した交通広告を東京の各駅で同時展開、クラシエフーズ

クラシエホールディングスの食品部門を担うクラシエフーズの「FRISK」ブランドは5月23日、東京メトロ新宿駅など都内の主要駅4カ所で、若者たちのリアルな葛藤を表現した動画と交通広告を展開した。それぞれ、5月29日(日)まで掲出予定となっている。

同社ではこの度、18歳から24歳の若者を対象としたインタビュー調査を実施。さらに、2022年4月には25歳から69歳の大人世代1万人を対象にしたアンケートを行った。

それをもとに、コロナ禍で抱えるモヤモヤや、そのなかに見出している前向きな希望など、人々が感じている葛藤を聞き、取りまとめた「新生活モヤモヤと思いきや?白書」を制作。その時に寄せられた意見を交通広告としてビジュアル化し、東京メトロ新宿駅のプロムナードエリア、JR新橋駅の改札外みどりの窓口前、JR渋谷駅山手線外回りホームの各所で掲出した。さらに、インタビュー時の生声を収録した動画を、JR品川駅の自由通路に設置されたデジタルサイネージで公開している。

コロナ禍も徐々に落ち着きを見せるなか、対面でのコミュニケーション機会の増加など、新たな生活の変化に苦悩を抱える若者が増える昨今。気持ちを切り替え、アフターコロナの未来を今まで以上に前向きに前進してほしいという同社の熱意を伝えるために、今回の企画が立ち上がったそうだ。

>>>「新生活モヤモヤと思いきや?白書」の詳細はこちら

東京メトロ新宿駅 プロムナードエリア

JR新橋駅 改札外みどりの窓口前

JR渋谷駅 山手線外回りホーム

JR品川駅 自由通路

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. リコーと共同開発した「プリンテリアクリア搭載ラミネート機」など新製品群をPR、LSSが2年ぶりのサテ…

  2. 5月12日13時からオンラインセミナー「PrintOSでいつでもどこでも大判出力を見える化、効率化す…

  3. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる

  4. 新色の白インクと新開発のメディア検出センサーを搭載した「Colorado」の最新モデルを発表。8月下…

  5. 新宿駅にZ戦士が大結集。悟空がフラッシュで“変身”する広告に話題沸騰

  6. UVgelインク搭載プリンター「Colorado 1650」を導入。環境配慮と高生産性の両立に向けて…

  7. 新発売の生理用品をそのまま持ち帰れるピールオフ広告を全国10都市で展開、大王製紙

  8. 来場者数は66,210名とやや減少、page2018

  9. 電通のキャラクター「パパパン」を使ったコンテンツ動画が全国76カ所のデジタル媒体で一斉配信、LIVE…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP