機能性をインクを新搭載し、前後処理加工をプリントと同時に行え、生産効率を飛躍的に高めるデジタル捺染機Monna Lisa「ML-13000」を発表 エプソン販売

エプソン販売は2月27日、デジタル捺染機・Monna Lisa シリーズの新製品として、印刷と同時に前後処理加工を施し、プリントプロセスの大幅な簡素化を達成する「ML-13000」を発表。2024年4月中旬から本格的な販売を開始すると発表した。

Monna Lisa「ML-13000」は、CMYK/レッド/グリーン/オレンジの7色カラーインクに加えて、「前処理剤」「オーバーコート剤」「発色剤」の3つの機能性インクを新搭載。Monna Lisa シリーズの従来機では別工程で行っていた前後処理加工が、プリント工程のみのシングルステップで進められるようになり、これによってトータルでの生産効率の向上やリードタイムの短縮、エネルギー消費量の削減に貢献する。具体的には、前処理剤でインクを生地に定着させるとともに、オーバーコート剤と発色剤で堅牢性と発色を向上。これら機能性インクは、純正ソフトウェアRIP・Epson Edge Print PRO Xで配分を変更できるため、生地の特性や希望の仕上がり具合に応じたプリントが実現する。

さらに、機能性インクを印刷部分にのみ吐出する「ドット オン ドット」により、生地の風合いを生かしたプリントも可能としている。そして、顔料プリントでは、染料プリントで必要とされる蒸しや洗いなどが不要のため、水の使用量を大幅に削減でき、サステナブルな印刷工程で環境負荷低減へと大きく貢献可能だ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. デジタルスクリーン製版機での加工・多色印刷を学べるオンラインセミナーを開催、理想科学工業

  2. マレーシアの大型ビルボードに掲出するメッセージをSNSで募集、長田広告

  3. 日本3大がっかり観光地「はりまや橋」の新名所をクラウドファウンディング看板で発信

  4. JAPAN SHOP 2018 閉幕 来場者数は194,518名

  5. 看板表面を汚れから守る専用のコーティング剤を販売。併せて全国の製作会社が施工サービスも開始、KeeP…

  6. 11月24日から4年に一度の世界4大印刷機材展「IGAS2022」が開幕

  7. JR山手線の1車両が女性向け転職サイトのPR広告でジャック。リトルミィとサイト利用者が転職のメリット…

  8. 広告業者は4年連続で倒産件数増の可能性。小規模事業者の年末倒産も懸念、帝国データバンク

  9. 大阪市 京橋駅・駐輪場の屋外壁面に設置する広告事業主を募集

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP