ブラザー工業 本社ビル屋上の看板をリニューアル。4代目はLED内照式のチャンネル文字

ブラザー工業は3日、名古屋にある本社ビル屋上の看板をリニューアルした。

4代目となる塔屋看板は、「brother」のロゴを象ったLED内照式のチャンネル文字を中央に、背景はコーポレートカラーでまとめられている。

なお、同看板は本社ビル完成から4年後の1965年に掲出開始。初代はカタカナで社名を表記、ロゴマーク導入に合わせて83年に改修された2代目から現在の英語表記となっている。

約18年掲出された初代看板

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ファブリックサイン「LUFAS」が現在美術展のアート作品として採用。昇華転写だからこそできる独自な表…

  2. NKB 初の台湾子会社を新設。新幹線の広告媒体などを主力に販売

  3. 神戸玄関口の看板に、市主催のコンペ最優秀作を採用

  4. 年末年始の帰省に向けて「おかえり」の言葉を募集。47都道府県別に直筆のメッセージ広告を展開、PR T…

  5. 「走る広告塔」図柄入りナンバープレートが10月1日に交付開始

  6. SIAAマーク取得の抗ウイルスフィルムを新たに発売、リンテックサインシステム

  7. 内照式看板向けに特化させた直管型LED「VLT2」をリリース。ランプの重なりを不要に、ニッケンハード…

  8. 防火認定適用の表面保護を超高速で提供する後加工専用IJP「プリンテリアクリア」を発売、リンテックサイ…

  9. 2022年7月版「世界の広告費成長率予測」を発表。2年連続の成長見込みでコロナ禍以前を超える予想、電…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP