一般の貨物トラックが広告媒体になる新サービスを開始。車両の管理からデザイン制作、行政申請までワンストップで対応 キネクト

主にグラフィックデザインやWebデザインの制作を手がけるキネクトは12月15日(木)、まちを走るトラックの荷台を媒体とする新しい広告サービス「SIGN & TRUCK(サイントラック)」を開始する。

サイントラックはその名の通り、輸送用トラックの荷台を使って商品の訴求を行う宣伝・告知サービス。全国各地を走り回るトラックを媒体とするため、従来の広告サービスであるアドトラックやバスラッピングと同様の高い認知・訴求効果を得られるのが特徴だ。

一方で一般的なアドトラックとは異なり、荷物の輸送と合わせて宣伝を行なうので、広告費用を大幅に削減可能。また、車両の台数や広告のサイズも自由に調整できるため、より予算や要望に合わせた自由度の高い広告を表現できるのもポイントとなっている。

さらに、車両ごとに毎月の走行エリア、走行距離、走行日数などを報告するレポートサービスも実施。それらのデータをもとに効果検証を行ったり、自社のマーケティングに役立てるといった使い方もできる。

同社では、日本各地の運送企業の協力を得て、今回のサービスを実現。広告を出したい企業へ最適な車両を提案するのはもちろん、デザインの制作から行政への申請、車両の管理までワンストップで行っていくそうだ。

>>>「サイントラック」の詳細はこちらから

一般の貨物トラックが荷物の輸送と合わせて宣伝を行なうため、広告費用を大幅に抑えられる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ドコモと電通がデジタルOOH広告の新会社設立。日本初のインプレッションに基づく屋外広告枠の販売へ

  2. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP

  3. 神奈川エリアでトラック広告サービス「WithDrive」の実証実験を開始。AI技術で広告効果と走行ル…

  4. 車窓サイネージサービス「Canvas」の広告プランが一新。リアウインドウ部分も広告枠として活用可能に…

  5. 9年ぶりに名物ランナーの灯り消える。東日本大震災以来の自粛消灯、道頓堀グリコサイン

  6. 九都県市首脳会議で、過激な広告宣伝車を1都3県にわたってデザイン規制する制度を提案。実現に向けて一歩…

  7. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート

  8. 東京メトロ丸の内線新宿駅構内で人気フィギュアシリーズを展示。SNSと連動させたプロモーションも実施、…

  9. 「事業再構築補助金」を解説するオンラインサミット開催、Wiz

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP