人気の器具一体型外照式LED「アドビュー」シリーズに、出幅99㎜のコンパクトサイズを追加。屋内、間接照明としての活用も可能に 三協立山 タテヤマアドバンス社

三協立山 タテヤマアドバンス社は10月30日、主力製品である外照式LEDユニット「アドビュー」シリーズから、出幅99㎜のコンパクトサイズを特徴とする新製品「アドビューC」をリリースした。

「アドビュー」シリーズは、独自の配光設計による均一照射と器具一体型の易施工性が最大の強み。複雑な組み立て作業を一切必要としないのに加えて、出幅も抑えた設計で景観も損なわせないデザイン性なども評価され、業界内でも大きなシェアを獲得している。

今回、より出幅がコンパクトで軽量な「アドビューC」を追加。一般的なサインの照明はもとより、自立看板への両面掲出や、屋内演出、間接照明としても活用できるなど、一層さまざまなシチュエーションに対応できるようになった。

出幅99㎜のコンパクトサイズが特徴の「アドビューC」。従来製品と比べても、その差は歴然だ

また側面カバーを樹脂製に変更し、従来製品と比較して約3~4割の軽量化を実現。施工性においても、職人の負担を大きく軽減している。

側面カバーを樹脂製に変更し、大きな軽量化を実現した

「アドビューC」の詳細スペックは以下の通り。

>>>「アドビュー」シリーズの詳細はこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. アイケーシーとショウワが9月1日に対等合併へ、新商号は「IKCS株式会社」

  2. UV硬化型インクの世界市場。2022年に136.8%成長へ

  3. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む

  4. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結

  5. Hmcommと博報堂DY 音声AI技術で屋外メディアの効果測定へ

  6. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森

  7. サッポロビール 振動スピーカーを活用した新手法の屋外広告

  8. UVgelインク搭載プリンター「Colorado 1650」を導入。環境配慮と高生産性の両立に向けて…

  9. ラディウス・ファイブ AIが屋外・交通広告用の特大画像を生成する新サービスを提供開始

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP