ワールドワイドで人気の高いIntec社のデジタルダイカッターを7月にリリース。販売代理店としてカッティング市場に参入へ ムサシ

情報・産業システム機材や印刷機材、金融汎用システム機材など、あらゆるマシンの開発・製造・販売を手がけるムサシは7月12日(水)、英国のIntec Printing Solutionsが提供するオートフィーダー付デジタルダイカッター「FB9000PRO」をリリースすると発表。併せて、Intec社の国内代理店として、デジタルカッティング市場に参入する意向を示した。

デジタルダイカッターは、パッケージや店内POP、シールの製作など、さまざまな用途で活用されているマシン。特に同シリーズは、専門知識がなくとも手軽に扱えるため、先行販売しているワールドワイドにおいても多くの出荷実績を持っているという。

そんななか、国内リリースされる「FB9000PRO」は、高生産性と抜群のメディア制御を実現したIntec 社のフラッグシップモデル機。図柄に合わせて自動で自由な形状の打ち抜きを可能とするダイカッター本来の機能はもとより、スジ押し時に最大1.5kgの重さまで対応したり、厚み1,000μmのメディアまでカットできる「デュアルツールヘッド」も搭載している。

さらに、メディアトレイに最大約25kg、およそ2,000枚の印刷メディアを積み重ねられるのも特徴。4 つの吸着パッドと独自の裁き機構による、安定した給紙機構と自動給紙を実現している。加えて、CCDカメラの搭載によって、自動位置合わせや、QRコードの生成によるカットデータの自動変更機能も標準装備。QRコードは、Adobe Illustratorなどのツールで簡単に作成できるため、誰でもストレスなく操作可能だ。

今後は、東京都大田区に構える同社ショールーム「Flexible Arrow 平和島」に同機を設置する予定。ニーズに合わせた多彩なデモンストレーションを通して、ユーザーに広く訴求していく構えだ。

「FB9000PRO」のスペック詳細は以下の通り。

>>>製品のさらなる詳細、問い合わせはこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 東急エージェンシー、ソフトバンクなど5社 データ活用で広告価値を算出する実験を実施

  2. 新型コロナウイルスに対する世界の意識調査結果を明らかに、マッキャン・ワールドグループ

  3. 地域と宿泊客をつなぐマップ型デジタルサイネージが熱海の大手ホテルに導入、インセクト・マイクロエージェ…

  4. スリーエムとニューアド社が3M MCS 保証プログラムの詳細と実例を解説、Mimaki Live

  5. 全7面が常時シンクロする計815㎡の新媒体を4月末から正式稼働。渋谷の新しいシンボルとなるか、ヒット…

  6. 夏の学生スポーツを盛り上げろ! 吉田正尚選手のメッセージと応援の必需品メガホンを持ち帰れるピールオフ…

  7. 防火認定適用の表面保護を超高速で提供する後加工専用IJP「プリンテリアクリア」を発売、リンテックサイ…

  8. Hmcommと博報堂DY 音声AI技術で屋外メディアの効果測定へ

  9. 【2020年 日本の広告費】屋外広告は前年比15.7%減の2,715億円で推移。ネット広告はマス4媒…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP