首都高速道路沿いの「日本橋茅場町大型広告」がパワーアップ! 首都高最大級となる225.2㎡のビジョンでさらなる訴求が可能に ヒット

大型屋外ビジョンを多数保有するヒットは6月12日、東京・首都高速道路沿いに設置している「日本橋茅場町大型広告ビジョン」のリニューアルを発表した。これにより、ビジョンサイズはH12.8×W17.6m=225.2㎡に変更。首都高速道路ロードサイド最大級のDOOHへと生まれ変わった。

今回リニューアルされた「日本橋茅場町大型広告ビジョン」は、交通量の多い江戸橋ジャンクション~箱崎ジャンクションの区間に設置されるデジタル媒体。多くの認知が期待できる優れた立地に加え、LED広告面のサイズアップによって、ドライバーへの視認性も向上している。

同社はこれ以外にも、80㎡以上の大型LEDビジョン「首都高速デジタルLEDボード」を多数展開。首都圏の大動脈とも言える首都高速道路の3・4・5号・環状線および箱崎エリアなど、渋滞頻出ポイントも含めた代表的な路線へ効果的に配置している。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 日本交通などのタクシー車両に搭載するサイネージと屋外ビジョンをセットで提供、LIVE BOARD

  2. 丸ノ内線新宿駅に「仮面ライダーギーツ」のヒロインたちが登場。限定ポストカードを配布するピールオフ広告…

  3. 大阪・戎橋の屋外ビジョンにもデジタル広告の自動配信システムを導入、ヒット

  4. 3.2m幅のダイレクト昇華プリンター「PLUTINUM」を内覧会で初披露、上野山機工

  5. 19年世界総広告費の予測は6250億米ドル。屋外/交通媒体の成長率も上方修正

  6. TVドラマも放送開始のスタートアップ漫画「トリリオンゲーム」。都内各所で主人公のハルによる挑戦状広告…

  7. 最大印刷速度550㎡/hを達成した昇華転写プリンター「Tiger600-1800TS」を発表 ミマキ…

  8. 羽田空港に自由に表示切り替え可能なフルカラー電子ペーパーを導入。駅構内の案内表示として、全国各地で随…

  9. 2022年度広告費の伸び率は1.1%増と大きく下方修正。企業が広告費を抑制する傾向に、日経広告研究所…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP