DTF対応のガーメントプリンター「SC-F2250/SC-F22H5」を156万円で7月26日から発売 エプソン販売

エプソン販売は7月12日、DTF対応のガーメントプリンター「SC-F2250/SC-F22H5」を2023年7月26日から発売すると発表した。SC-F2250はプリンター本体で標準価格156万円、SC-F22H5はプリンター本体と保守購入同時5年セットモデルで同198万円(いずれも税別)。販売目標は今後1年間で100台を見込む。

SC-F2250/SC-F22H5は、ユーザーからの要望を反映し、使い勝手の良さを追求した本体デザインへと刷新。プリント品質の向上をはじめ、使いやすさや作業効率を高めている。

新しくプリントヘッドには、1.33インチの「PrecisionCore マイクロ TFP プリントヘッド」を採用している。従来機のSC-F2150に比べ、ノズル数が2,880から3,200に増えたため、印刷速度を約25%アップ。プラテン送りにも改良を施し、オーバーラップ領域を持たせることで、バンディングや粒状感を低減させ、画質も向上させた。

さらに、パウチ式の新インク「UltraChrome DG2 インク」の採用によってインクのにじみを改善し、より鮮やかな高画質印刷が可能になっている。加えて、プラテンにセットした布製品やフィルムなどのメディアとプリントヘッドとの距離を自動調整する「プラテンギャップ自動調整機能」を新搭載。オペレーターの工数を削減するなど、使い勝手を向上させるさまざまなデザイン改良を加え、ユーザーの生産性向上へ一層に貢献するとしている。

また、ソフトウエアもSC-F2250用に新しく「Garment Creator2」を用意。印刷データの処理速度が向上したほか、入力解像度は600dpiに対応し、細線などの表現もより正確にできる。 そして、DTFに対応する印刷モードを標準搭載するため、ガーメントへのダイレクト印刷、DTF印刷の両方を1台で賄える。DTFに対応したことで、従来プリントが難しかった小物など、制作できるアイテムも増え、さらに色みやテクスチャなどの表現の幅も広がったという。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 東証二部上場に伴う決算情報を発表、表示灯

  2. コスパ重視のアジア圏に向けた新ブランドが登場。第1弾として、それぞれ生産性と低コストが武器の2機種を…

  3. 防火認定適用の表面保護を超高速で提供する後加工専用IJP「プリンテリアクリア」を発売、リンテックサイ…

  4. OOHの掲出風景を臨場感のある動画としてSNSで拡散させる独自サービス「HIT-buzz」を提供開始…

  5. 夜を彩るネオンとサインを展示した写真展を開催、横浜市

  6. コンテンツ制作とデジタルサイネージ本体がセットになった月額制サービス「MONI-PA」を開始、アーバ…

  7. マス媒体からWebまであらゆる広告を分析する人口AIツール『D-Reg』が登場

  8. 月額約8,000円で自由に自社のWebサイトを運営できる中小企業向けのサブスクサービスを開始、昭和印…

  9. クラウドポイントとシャープが業務提携、屋外DS市場の更なる拡販へ

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP