2050年カーボンニュートラルに向けた脱炭素運動の愛称を「デコ活」に決定 環境省

環境省は7月13日、脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動の愛称を、「デコ活」に決定した。

この運動は、CO2の排出量を実質ゼロにする「2050年カーボンニュートラル」と、温室効果ガス46%削減(2013年度比)を目指す「2030年度削減目標」の実現に向けて、国民・消費者の行動変容、ライフスタイル変革を後押しするもの。正式名称の「脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動」では長過ぎて浸透しにくいという声から、シンプルで親しみやすく愛着のあるネーミング(愛称)を一般公募した。総数8,200件の応募をもとに「愛称公募選定会議」を年7月13日に開催した結果、デコ活が新しい国民運動の愛称に決定した。

デコ活は、英語で脱炭素を意味する「デカーボナイゼーション」と「エコ」を組み合わせた造語で、「前向きに活動する」という思いが込められているという。政府では今後、デコ活をあらゆる場面で活用し、企業・自治体・団体などの関係者と連携しながら普及・浸透を図り、脱炭素につながる国民・消費者の行動変容、ライフスタイル転換を一層促していくとしている。

愛称公募選定会議の選定委員は次の通り(敬称略)。十倉雅和(日本経済団体連合会会長)、小池百合子(東京都知事)、道場六三郎(料理人)、俵万智(歌人)、高橋尚子(シドニー五輪マラソン金メダリスト)、サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけし(お笑い芸人)、桝太一(同志社大学助教、キャスター)、足立梨花(女優、タレント)、上白石萌音(俳優、歌手)、田牧そら(女優、高校生)。

>>>脱炭素運動に関するWebサイトはこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 電通 日本初、屋外・交通広告に接触したユーザーの実行動データを分析

  2. 京浜急行 トリックアートで立体的に見える「錯視サイン」を掲出

  3. ブラザー工業 本社ビル屋上の看板をリニューアル。4代目はLED内照式のチャンネル文字

  4. オンラインセミナーに正体不明のミマキマンが登場! ウインドウ装飾のいろはを解説、ミマキ

  5. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏

  6. 九州サイン&デザイン ディスプレイショウ 6月1〜2日に開催

  7. 地域の景観を守るのを目的とした官民一体の取り組み「屋外広告物適正化旬間」。全国各地で多彩な啓発活動を…

  8. 札幌市 看板の点検を義務化へ。違反者には罰金30万円以下

  9. 「事業再構築補助金」を解説するオンラインサミット開催、Wiz

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP