東京メトロ丸の内線・新宿駅に“寝顔だらけ”の屋外広告が登場! 良質な睡眠を応援するキャンペーンで「BARTH」ブランドをPR アース製薬

アース製薬は11月20日、自社で展開するブランド「BARTH」による巨大屋外広告を、東京メトロ丸ノ内線・新宿駅の西改札付近にて展開していくと発表した。一般公募によって集められた124枚の寝顔写真で制作された「寝顔だらけの広告」を通して、良質な睡眠を応援するキャンペーンを行っていくそうだ。

掲出期間は、11月26日(日)までを予定。このほか、東京・渋谷エリア13地点に別途屋外広告を展開させたり、特設Webサイトで寝顔写真の詳細を紹介するなど、多角的な取り組みを行っていく。

「BARTH」とは、バスタイムからスリープタイムまでの時間にワンランク上のナイトルーティンを提案する、ナイトウェルネスブランド。良質な睡眠をサポートするために、入浴・睡眠・セルフケアに関するさまざまな製品を提供している。

同ブランドのPRを目的に10月には、「泥のように眠る=“泥睡”」をキーワードに良質な睡眠を応援するキャンペーン「泥睡しよう」の第1弾を実施。SNSによる一般公募で寝顔写真を公募すると、老若男女から3,500件以上もの投稿が寄せられたそうだ。

それを生かし、第2弾である今回は、そのなかから選りすぐりの124枚で制作した「寝顔だらけの広告」を東京メトロ丸ノ内線・新宿駅構内で掲出。さらには特設Webサイトにて、担当者の感想コメントも掲載する。

特設Webサイトでは、寝顔写真への担当者コメントを見られる

>>>特設Webサイトはこちらから

併せて、居酒屋が軒を連ねる東京・渋谷のまちなか13地点に「泥酔するなら泥睡しない?」をキャッチフレーズにした屋外広告も展開。忘年会シーズンで泥酔してしまいがちな人たちに注意喚起を呼びかけるユーモラスなデザインとなっている。こちらは11月16日から同29日(水)まで掲出される予定だ。

渋谷エリアにも多数の屋外広告を掲出。飲み屋街を歩く人たちにメッセージを伝える

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 長野県上伊那地方 野立て看板の撤去、最大2万円まで補助

  2. 個人事業主の57.9%が仕事量に減りを感じる、新型コロナの影響調査

  3. ミニチュア看板で昭和時代を再現! 手のひらサイズで光るカプセルトイ「なつかし昭和の看板」が発売 ハッ…

  4. JR東日本沿線の空き壁を活用し、地域活性化を目的としたアートイベントおよび実証実験を開始、JR東日本…

  5. 神戸市 鉄人28号の前に巨大投票箱

  6. スマホ内で応援広告の掲出を完結できるオンラインサービスを開始。応援広告事業のさらなる強化へ ジェイア…

  7. 年末年始の帰省に向けて「おかえり」の言葉を募集。47都道府県別に直筆のメッセージ広告を展開、PR T…

  8. 43%が「屋外広告を意識して見る」。オリコミサービスの屋外広告に関する意識動向調査

  9. 新CMの演出コンテが京王線・新宿駅のアドストリートに登場! 年明けの公開に先駆け屋外広告で映像内容を…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP