Osaka Metro本町駅に大型トリックアートが登場。通行する方向で全く異なるビジュアルに変化する「ベローズプリント」で展開

大阪メトログループの広告事業を担う大阪メトロアドエラは1⽉27⽇、Osaka Metro本町駅の中央線と四つ橋線の連絡通路にて、左右視点で違う絵柄が楽しめる仕掛けプリント「ベローズプリント」の大型メッセージボードを掲出した。

ベローズプリントは、まるで手品のような演出を出力物に施す特殊メディア「TRICKPRINT」シリーズを手がけるSO-KENが提供する製品のひとつ。駅利用者に、⼩さな驚きや不思議な感覚を得てもらいたいという思いから、今回の広告展開に至ったそうだ。

⼤型メッセ―ジボードのサイズは、W10×H1.7m。四つ橋線から中央線への移動時は「1933年当時の本町駅と数十年先を創造した未来の本町駅」をテーマにしたビジュアルを楽しめるようになっている。

一方で中央線から四つ橋線への移動時は、「『未来の森ノ宮駅』と『3つの⾞両と空⾶ぶ⾃動⾞』」をテーマにした意匠に切り替わるのが特徴。少し離れた場所から見ると、まるで3D効果を施しているかのようなデザインを楽しめる。通⾏する向きによって、違うメッセージを発信できるのがポイントだ。

大阪メトロアドエラでは、今後も駅利用者や広告主のニーズに応えるさまざまな広告展開を実施。高い効果の見込める魅力あるOOH空間を創出し、新しい広告スタイルを探求していく。

四つ橋線から中央線へ移動する際には、過去と未来の本町駅のイメージが映し出される

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 看板業界向けのオンライン展示会を4月に開催。飲食ブース、マッチングサイトとの連携など会社紹介にとどま…

  2. フクダサインボード イトーキの特許技術をライセンス契約。屋外向けオンフックサインシステムの開発へ

  3. アイスの全フレーバーが並ぶ屋外広告を全国5都市で一斉展開。新商品の発売をPR、B-R サーティワン …

  4. 品川駅で新たな交通広告の実験スタート。LED FANが生む肉眼で見える三次元映像

  5. 草間彌生氏との10年振りのコラボを記念して最先端のOOHで東京をジャック ルイ・ヴィトン

  6. 電柱広告スペースで防災情報を発信。広告主には看板制作費を割引

  7. 階段をのぼる人たちを応援する「ヘルシア緑茶」のメッセージ広告を掲出し、都営大江戸線・六本木駅をジャッ…

  8. 首都高速道路沿いに新たな大型広告ビジョンを3面新設、ヒット

  9. 今週9月1日(木)から広告資機材見本市「第63回サイン&ディスプレイショウ」が開幕、東広美

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP