Osaka Metro本町駅に大型トリックアートが登場。通行する方向で全く異なるビジュアルに変化する「ベローズプリント」で展開

大阪メトログループの広告事業を担う大阪メトロアドエラは1⽉27⽇、Osaka Metro本町駅の中央線と四つ橋線の連絡通路にて、左右視点で違う絵柄が楽しめる仕掛けプリント「ベローズプリント」の大型メッセージボードを掲出した。

ベローズプリントは、まるで手品のような演出を出力物に施す特殊メディア「TRICKPRINT」シリーズを手がけるSO-KENが提供する製品のひとつ。駅利用者に、⼩さな驚きや不思議な感覚を得てもらいたいという思いから、今回の広告展開に至ったそうだ。

⼤型メッセ―ジボードのサイズは、W10×H1.7m。四つ橋線から中央線への移動時は「1933年当時の本町駅と数十年先を創造した未来の本町駅」をテーマにしたビジュアルを楽しめるようになっている。

一方で中央線から四つ橋線への移動時は、「『未来の森ノ宮駅』と『3つの⾞両と空⾶ぶ⾃動⾞』」をテーマにした意匠に切り替わるのが特徴。少し離れた場所から見ると、まるで3D効果を施しているかのようなデザインを楽しめる。通⾏する向きによって、違うメッセージを発信できるのがポイントだ。

大阪メトロアドエラでは、今後も駅利用者や広告主のニーズに応えるさまざまな広告展開を実施。高い効果の見込める魅力あるOOH空間を創出し、新しい広告スタイルを探求していく。

四つ橋線から中央線へ移動する際には、過去と未来の本町駅のイメージが映し出される

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る