地元の石材を活用した切り文字製作サービスを開始、アートリンク

北海道内大手の資機材販売店であるアートリンクは4月6日、札幌市内で採掘される凝灰岩、札幌軟石を使用した2Dルーター加工による切り文字製作サービスを開始した。

同サービスは、従来のサンドブラスト加工では難しかった複雑な彫刻作業であっても、短時間かつ精密に切削できるのが最大の特徴。他の石材と比べて耐火・防火性に優れ、柔らかめで加工しやすいという札幌軟石の特性を生かし、インテリア雑貨やノベルティなどの製作に注力していくそうだ。

札幌軟石は、もともと明治時代から昭和初期にかけて建造物に多く用いられてきた石材。現在はコンクリートブロックなどの普及により利用はかなり減ったものの、地元で古くから親しまれてきた資源として、インテリア雑貨やアクセサリーに利用されるケースも多い。その上、多孔質で水分や湿気を吸収しやすい性質も持っているため、アロマストーンとして商品化されたり、空間の調湿素材としても注目されつつあるのだという。

同社では、その多様性に着目し、商品開発に着手。豊富な知見を持つ切り文字製作のノウハウを生かし、同サービスの開始に至った。今後は、UV印刷と彫刻を組み合わせたノベルティ製品の開発・販売も手がけていく予定だ。

>>>カットサンプルはこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 2021年の世界の広告市場はコロナ禍前の水準を上回る。屋外広告もほぼ回復に、電通グループ

  2. JR上野駅に大型3Dビジョンが新設。jeki 開発の屋外サイネージとしては最大級、かつ初の曲面サイネ…

  3. デジタルサイネージの画面を衝撃から守る液晶保護パネルが発売。公共施設などに向けて訴求 サンワサプライ…

  4. オンラインセミナーに正体不明のミマキマンが登場! ウインドウ装飾のいろはを解説、ミマキ

  5. 【参加者への独自取材】7回目を迎えた看板の業務全般を学べるサインスクール、サインの森

  6. 歯科医院向け動画配信サービスの提供を開始、日本ビスカ

  7. 12月5日からジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 渋谷エリアジャックキャンペーンを展開、キリ…

  8. 日本交通のデジタルサイネージ端末、他社タクシーにも提供開始へ

  9. 江戸川乱歩の作品を完全オリジナルのデザインで表現。新たな乱歩の世界観をデジタルプリントで演出、LSS…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP