2010年代前半の洋楽が視聴できる! 東急田園都市線・渋谷駅に“懐メロ”を楽しめる体験型OOHが登場 テテマーチ

企業向けSNSのマーケティング支援サービスを展開するテテマーチは2月19日、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと連携し、これまでの洋楽ポップスにおける懐メロの概念をアップデートするのを目的としたプロジェクト「#ニュー懐メロ」を発足。そのプロモーションの第1弾として、東急田園都市線・渋谷駅に体験型の屋外広告を掲出した。スマホでOOHに触れると、懐メロが流れてくる仕様になっているという。

同プロジェクトは、Z世代が懐かしいと感じる2010年代前半の洋楽を「ニュー懐メロ」と称し、さまざまなコンテンツで発信したり、PR企画を展開していく取り組み。21世紀最大のポップ・グループとして根強い人気を持つワン・ダイレクションの楽曲を筆頭に、アヴリル・ラヴィーンの「ガールフレンド」、ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」、マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」など、多彩な“懐メロ”を若者に届ける活動を行っていく。

今回、東急田園都市線・渋谷駅の広告スペース「道玄坂ハッピーボードB」に設置されたOOHは、スマホと連動させた体験型広告になっているのが特徴。各楽曲の再生ボタン部分にスマホをタッチさせると、CDショップと音楽プレイヤーをイメージした特設Webサイトに遷移し、それぞれの楽曲を視聴できるという。また、X(旧Twitter)やLINEにも共有でき、SNSを通して多くの人と感想を共有できるのもポイントだ。掲出期間は、2月25日(日)までとなっている。

併せて、カラオケチェーン「ビッグエコー」などを運営する第一興商とのコラボ企画も実施。DAMのカラオケルームに設置されているデンモク上に、2010年代前半の洋楽ポップス楽曲をまとめた「ニュー懐メロ」プレイリストを展開し、該当曲を歌唱するとオリジナル・グッズが当たるキャンペーンなど、さまざまな取り組みを展開していく。

東急田園都市線・渋谷駅に設置された屋外広告。スマホをタッチさせると、該当する楽曲を視聴できる仕組みになっている

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 塾の変革を「合格革命」アイコンと「K」マークで表現。受験生に頼もしさを感じさせる全国規模の広告展開を…

  2. 災害時の緊急避難場所を示す巨大な壁面アートが登場、東京都渋谷区

  3. 電通 国内初の24時間365日体制による電子看板での防災情報配信

  4. UV機のフラッグシップモデル「UCJV330シリーズ」を10月に発売。5層印刷をはじめ2.5Dや透か…

  5. MCD 都内主要バス事業者すべてと広告付きバス停上屋の独占契約

  6. アクリル加工とLEDネオンチューブを組み合わせたオーダーメードの看板を販売開始、ワイケーイー

  7. ガーメントやラテックスプリンターで映画・SAND LANDのオリジナルグッズをその場で製作・販売する…

  8. 「第8回 看板・ディスプレイ EXPO 夏」が9月2日に開幕、リード エグジビション ジャパン

  9. 地元スポーツチームへの応援メッセージがデザインされた屋外広告を発売、長田広告

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP