日本3大がっかり観光地「はりまや橋」の新名所をクラウドファウンディング看板で発信

とさでん交通は、ネット上で一般市民に寄付者を募る“クラウドファンディング”を活用したはりまや橋の新たな魅力を広める「看板設置プロジェクト」を開始する。募集期間は平成30年11月7日~平成30年12月7日。

はりまや橋の新名所となるのは、すぐそばを走る路面電車が日本で唯一、路面電車同士がクロスする交差点。とさでん交通の路面電車交差点は、平面での交差でありながら、きれいな菱形でクロスするため「ダイヤモンドクロッシング」と呼ばれている。平日の午前8時12分ごろには、ダイヤモンドの中で3両の電車が交差する「トリプル・クロス」の瞬間が見られる。

高知の街に路面電車が走り始めたのは明治37年5月のこと。時代を下って昭和3年には、東西南北どの方向へも運行できるように軌道が平面で交差する「ダイヤモンドクロッシング」が作られ、東洋一を誇る十字路と報道されたという。

ネット資金募集のプロジェクトでは、路面電車が交差する光景を多くの人に知ってもらうため、高知県高知市の中心部に位置する「はりまや橋」そばで、「からくり時計」が掲出されている「デンテツ・ターミナルビル」壁面に、PR看板の設置を企画。事業資金の調達方法として、クラウドファンディング運営サイト「Makuake」上で一般市民に広く寄付を呼び掛けた。

目標金額は60万円で、支援金額のコースは3000~2万5000円の9コース。寄付者へのリターンとしては、支援額に応じて、トリプル・クロス乗車体験撮影会、ペーパークラフト、とさでん社長のお礼状などが用意されている。2018年11月7日時点では、4000円コースの方向板型コースターが人気を集めている。

看板デザインは、外国人観光客にも分かりやすいように、現在地と英語表記が想定されている。

※写真は看板の設置イメージ

>>クラウドファンディング運営サイト「Makuake」の該当ページ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 2年ぶりに業界最大見本市「SIGN&DISPLAY SHOW2021」が11月4日に開幕。…

  2. 電通 「2018年日本の広告費」を発表。前年比102.2%と7年連続でプラス成長

  3. 9年ぶりに名物ランナーの灯り消える。東日本大震災以来の自粛消灯、道頓堀グリコサイン

  4. 東京メトロ銀座線の1車両をジャックし、交通広告とプッシュ通知型広告を組み合わせたプロモーションを展開…

  5. サイン用の多言語バーコード「XPAND」。場所情報コードに対応

  6. 3.1m長のプリントテーブルを搭載した高速フラットベッドUV機「JFX600-2531」を発表。JA…

  7. 「ホワイティうめだ」に日本最大規模となるデジタルサイネージ204面を設置、大阪地下街

  8. 横浜市 ネオンサインによる屋外広告物の写真展を実施。展示用に曲げた成果物も

  9. 独自のWi-Fiセンサーを用いた効果測定サービス「Digital東京」をリリース Oxyzen

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP