4月下旬にラテックスインク搭載プリンターを発売し、サイングラフィックス領域へ参入 ブラザー

ブラザー工業は3月28日、屋外広告や各種ポスター、インテリアなどのサインディスプレイ用途に向けて、ラテックスワイドフォーマットプリンター「WF1-L640」をリリースすると発表。本格的な販売開始は4月下旬の予定で、同社の国内販売子会社・ブラザー販売から市場投入する。想定価格は261万8,000円(税込)を見込む。

WF1-L640は、同社がガーメントプリンターの領域で長年培ってきたプリントヘッド技術を進化させ、ラテックスプリンター用として高耐久かつ新開発されたピエゾヘッドを搭載。リアル1,200dpiの高解像度と、3種類の異なる大きさの液滴を適切に打ち分けるバリアブルドット印刷により、色域が広く高精彩な色表現と優れた色再現を達成している。さらに、自社開発の水性顔料ラテックスインクは、人体や環境への配慮がなされている点を認証する環境ラベル「UL ECOLOGO」や「ULGREENGUARD Gold」を取得済みだ。

加えて、同機はヒーターで分散性ポリマーのラテックスを軟化した後、硬化させて耐久性塗膜を形成。環境対応が求められる屋内の壁紙や、屋外で耐候性も求められるカーラッピングなど、屋内外の幅広い用途に対応する。このほか、直感的で操作しやすい7インチタッチスクリーン液晶画面を搭載。ユーザーガイダンスなども表示されるため、初心者でも安心して使用できる構造とした。

>>>WF1-L640の詳細はこちらから

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 常識覆す、8面の大型看板で景観調和を図ったホテル

  2. 伊豆半島景観看板大賞が新設

  3. 生産性が約2倍に向上したラテックスインク搭載プリンターを発売、リコー

  4. 日本進出50周年を記念した大規模な屋外広告展開を実施。東京・大阪の主要駅をジャック メットライフ生命…

  5. 電柱広告スペースで防災情報を発信。広告主には看板制作費を割引

  6. 横幅14メートルを超える九州最大級の大型LEDビジョンが西鉄福岡駅に登場、西日本鉄道

  7. 新宿にド迫力のゴジラが登場!

  8. 「応援広告」の認知度、活用度を調査するWebアンケートを実施。推し活の推定市場規模は、「屋外広告・交…

  9. スリーエムとニューアド社が3M MCS 保証プログラムの詳細と実例を解説、Mimaki Live

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP