CO2排出量を約50%削減できるターポリンに新製品が登場。マテリアルリサイクルで一層の環境配慮を達成 クラレプラスチックス

ゴムやプラスチックを中心とした製品開発を行うクラレプラスチックスは7月、自社製品のひとつである環境対応型ターポリン「ハイドロックス」のラインアップ拡充を発表。リサイクル塩化ビニル樹脂フィルムを使用した「ハイドロックス-R」を発売する。

ハイドロックスとは、同社独自の無機成分を配合した塩化ビニル樹脂を採用したターポリン製品。従来のオレフィン樹脂系と比べて燃焼時のCO2排出量を約50%削減できるのを最大の特徴としているため、環境配慮への意識が高まりつつある市場背景を受けて需要を大きく伸ばしているという。

一方で、今回リリースしたハイドロックス-Rは、原料の約7割を塩ビ複合材の製造工程で発生する端材や規格外品で構成しているのが最大のポイント。本来は廃棄物になるそれらをマテリアルリサイクルし、原料とすることでより環境に配慮した製品になっている。

さらに、ターポリンの基本性能として防炎配合に加え、防カビ・抗菌配合などにも対応する。建築用養生シート、垂れ幕、フロアーシート、間仕切りカーテン、野積みシートなどでの活用を見込む。価格はオープン。

初年度の販売目標は1億円で、2026年には5億円を目指す。同社では、今後もサステナブルな製品の拡充を模索し、循環型社会実現への取り組みに貢献していく構えだ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 建設業界向けクラウド型デジタルサイネージに「施工体系図」が一目で分かる新機能を追加。国土交通省の義務…

  2. 鮮やかなカラーと破れたような形状の中吊り広告によるジャック展開を開始 メトロアドエージェンシー

  3. トヨタ 空気をキレイにする看板

  4. グッズ製作会社によるアニメライセンスの特別授業が大阪デザイナー専門学校で開催、シンクイノベーション

  5. 屋外用マーキングフィルム「タックペイント」の基礎知識や詳しい施工方法を学べる参加型セミナーを開催 リ…

  6. 京都駅の大型サイネージで京都四大行事のイメージ映像を放映、JR西日本コミュニケーションズ

  7. DOOH向けの広告配信プラットフォームを導入し、デジタル広告分野を拡張、大阪メトロ

  8. ブラザー工業がサイン・ディスプレイ市場に参入へ。ラテックスインク搭載の大判プリンターを発表

  9. Z世代で人気爆発中の漫画「光が死んだ夏」の巨大屋外広告がJR新宿駅に登場。仕掛け印刷による独自演出で…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP