閉じる
  1. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  2. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
閉じる
閉じる
  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決ま…
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポ…
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書…
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本…
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求…
  6. 【連載/話題のスポット行ってみた vol.1 】南町田グランベリーパー…
  7. youtube Liveによる業界オンライン展示会を6月1日15時から…
  8. Web上でイベントを開催できるプロモーションサービスの提供を開始、博展…
  9. コロナ警戒信号を3色で伝える「大ぴちょんくん」をライトアップ、ダイキン…
  10. ソーシャルディスタンスに関するPOPデザインを無料配布、スギタプリディ…
閉じる

看板経営.com

豊島区 路上看板の対策条例

東京・豊島区は10月1日、道路上へのスタンド看板やのぼり旗の無許可掲出を防止する条例を施行した。昨年12月に同様の条例を施行した新宿区に次いで2例目だ。

この背景には、昨年9月の道路法改正によって道路を不法に占拠している物件を自治体が強制的に撤去できる根拠法が成立したことが挙げられる。これまでもパトロールや簡易除却などで違法な路上看板への対策は実施されてきたが、しばらくすると元に戻ってしまい根本的な解決には至っていなかった。

今回の条例施行によって、“路上障害物を繰り返し設置または放置する場合には、不誠実な対応とみなし、公表・撤去・保管していく”ことが可能になった。

路上障害物とは、看板や商品陳列台を指す。これらを行政からの指導後も設置・放置した場合は、強制的に“撤去・保管”。さらに不誠実と判断した際には、“違反事実を公表”するとしている。区では条例の周知を図った後、駅前・繁華街を中心に警察署と合同パトロールを実施していく。

>>豊島区ホームページ

関連記事

  1. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り…

  2. マス媒体からWebまであらゆる広告を分析する人口AIツール『D-…

  3. 横浜市 ネオンサインによる屋外広告物の写真展を実施。展示用に曲げ…

  4. 新型コロナに対する企業の意識調査。63.4%が業績に「マイナスの…

  5. IGAS2018 世界4大印刷機材展が7月26〜31日に東京開催…

  6. 川崎市 12月に条例の一部改正へ。禁止区域で屋外広告物の掲出可能…

おすすめ記事

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ

facebook

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる
  2. 世界の屋外広告市場は2020年に25%減少へ、WPP傘下の市場予測レポート
  3. 東京ビッグサイトの使用制限問題について、全国572社の企業が都に嘆願書を提出
  4. 10日と17日正午に大判プリンターの無料オンラインセミナーを開催、日本HP
  5. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をyoutube LIVEで訴求、ミマキ
ページ上部へ戻る