閉じる
  1. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボッ…
  2. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  3. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユ…
閉じる
閉じる
  1. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  2. 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展、開催中止。新型コロナウイルスの感…
  3. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボッ…
  4. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結
  5. 大型屋外ビジョンへプログラマティックOOH広告を配信開始、ヒット
  6. 透明・不透明を切り替えられる調光フィルムが駅内コンビニで採用、凸版印刷…
  7. 虎ノ門ヒルズ駅周辺で路上変圧器による実証実験を開始、QUICK
  8. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用…
  9. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  10. 持続可能な開発目標SDGsセミナーを看板業界でいち早く開催、サインの森…
閉じる

看板経営.com

五輪に向け 屋外広告の規制見直し

政府の規制改革推進会議は10月24日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、屋外広告規制を見直す議論をスタートした。

夜間、映像を建物などに投影する、プロジェクションマッピングは規制緩和の方向。東京の街をアピールするイベントなどで活用しやすくする見通しだ。

これまで、プロジェクションマッピングは屋外広告とみなされるとともに、道交法によって道路をまたぐ投影も禁じられてきた。制約が緩めば、高層ビルの壁全面を活用したダイナミックな表現も実現する。

>>規制改革推進会議 会議情報

関連記事

  1. 2018年世界の総広告費は6135億ドルと過去最高の見込み

  2. ピアラ 郵便局の指定代理店登録により新たな客層に訴求可能へ

  3. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTド…

  4. LSS デジタルプリントによる内装装飾を一堂に会す「中野ショール…

  5. 埼玉高速鉄道線 ビズライト・テクノロジーと共同でDS活用の新たな…

  6. ブラザー工業 今年4月刷新の塔屋看板をライトダウン。7月7日まで…

おすすめ記事

  1. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボックスは調光演出が進む
  2. ラフォーレ原宿冬の一大イベントに「テプラ」を使った広告ビジュアルを採用、キングジム
  3. 看板の既成概念にとらわれない新たな可能性を模索する展示会、超看板
  4. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出
  2. 日経メッセ 街づくり・店づくり総合展、開催中止。新型コロナウイルスの感染拡大を受け
  3. EuroShopが開幕。欧州でもLED FANの人気は健在、ライトボックスは調光演出が進む
  4. 【page2020 フォトレポート】印刷関連の資機材が一堂に集結
  5. 大型屋外ビジョンへプログラマティックOOH広告を配信開始、ヒット
ページ上部へ戻る