閉じる
  1. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  2. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
  3. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  4. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
  5. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク
  6. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
閉じる
閉じる
  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Ma…
  2. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  3. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がり…
  4. デジタル化が進むラージフォーマットプリント、ダーストフォーラム2019…
  5. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
  6. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペ…
  7. まちなかの広告媒体をカンタンに注文できるwebサイト「BIZPA」のベ…
  8. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP
  9. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  10. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
閉じる

看板経営.com

ヒット 大阪新御堂線沿いロードサイドに165㎡の大型LEDボードを新設

大阪・新御堂筋沿いの「新御堂筋デジタルLEDボード」に、165㎡を超える超大型LEDビジョンが新たに設置され、9月9日から放送を開始した。

新御堂筋デジタルLEDボードは、ヒットが提供する広告サービスで、1枠6秒のPR動画を配信する大型屋外ビジョンだ。今回新たに設置したものは、西日本で最も交通量の多い新淀川大橋の最前列に掲出。この前を1週間に通過する人数は、約220万人に及ぶ。

新御堂筋沿いのロードサイド媒体としては4基目となり、一層の訴求力強化を狙う。サイズは縦8.7×横19mで、同社が展開するロードサイドのLEDビジョンでは最大規模になる。加えて、ロードサイドでの4基連続設置は日本初の試みだ。

これらLEDビジョンの放映内容と連動するアプリ「HIT-movi」も提供。スマホのGPS情報をもとに、リアルタイムで関連した広告を携帯に配信できる。

稼働開始から9月20日までのクライアント数は15社ほど。自動車やタイヤなど、ロードサイドらしい車両関係の広告をはじめ、求人や地元企業など幅広い業種が集まった。

同社担当者は、「4基目のビジョンを新設したことにより、視認性と訴求力が大きく向上し、広告主からも好評だ。引き続き、大型ビジョンの新設を進めるとともに、より価値の高い媒体提供に努めていきたい」と語る。

関連記事

  1. APPP EXPO、世界初と謳う両面印刷対応の5m幅UV機をSK…

  2. 神戸玄関口の看板に、市主催のコンペ最優秀作を採用

  3. 品川駅で新たな交通広告の実験スタート。LED FANが生む肉眼で…

  4. NewDays電子看板が243駅650台の大規模ネットワーク化

  5. 新宿にド迫力のゴジラが登場!

  6. 横浜市 ネオンサインによる屋外広告物の写真展を実施。展示用に曲げ…

おすすめ記事

  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Masters Japan 2019
  2. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、JR四国
  3. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3機種を発表、エプソン
  4. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏
  5. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 世界大会の日本代表戦を制したのは川上裕貴氏、World Wrap Masters Japan 2019
  2. SDGsの取り組み調査 都道府県の約8割が実践へ前向き、SDGs総研
  3. 2講演にわたる特別セミナーで今後のデジタルプリント壁紙市場の盛り上がりを予測、LSS
  4. デジタル化が進むラージフォーマットプリント、ダーストフォーラム2019
  5. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
ページ上部へ戻る