ヒット 大阪新御堂線沿いロードサイドに165㎡の大型LEDボードを新設

大阪・新御堂筋沿いの「新御堂筋デジタルLEDボード」に、165㎡を超える超大型LEDビジョンが新たに設置され、9月9日から放送を開始した。

新御堂筋デジタルLEDボードは、ヒットが提供する広告サービスで、1枠6秒のPR動画を配信する大型屋外ビジョンだ。今回新たに設置したものは、西日本で最も交通量の多い新淀川大橋の最前列に掲出。この前を1週間に通過する人数は、約220万人に及ぶ。

新御堂筋沿いのロードサイド媒体としては4基目となり、一層の訴求力強化を狙う。サイズは縦8.7×横19mで、同社が展開するロードサイドのLEDビジョンでは最大規模になる。加えて、ロードサイドでの4基連続設置は日本初の試みだ。

これらLEDビジョンの放映内容と連動するアプリ「HIT-movi」も提供。スマホのGPS情報をもとに、リアルタイムで関連した広告を携帯に配信できる。

稼働開始から9月20日までのクライアント数は15社ほど。自動車やタイヤなど、ロードサイドらしい車両関係の広告をはじめ、求人や地元企業など幅広い業種が集まった。

同社担当者は、「4基目のビジョンを新設したことにより、視認性と訴求力が大きく向上し、広告主からも好評だ。引き続き、大型ビジョンの新設を進めるとともに、より価値の高い媒体提供に努めていきたい」と語る。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 新宿区 屋外広告物の地域別ガイドライン(神楽坂)を発表

  2. 一般企業の「後継者難倒産」が初めて年間500件を突破……。60代の経営者のうち、37%が後継者不在の…

  3. 東京・渋谷に秋の新ドラマをPRする巨大交通広告が出現

  4. デジタルサイネージ広告の市場調査を実施。景気は右肩上がりで、2023年の市場規模は801億円の見通し…

  5. 埼玉高速鉄道線 ビズライト・テクノロジーと共同でDS活用の新たな事業構築へ

  6. SNSと屋外広告を連動させた「ポイ捨て防止プロジェクト」を実施。一般から投稿者募る、コソド

  7. DeNA どん兵衛ラッピングの0円タクシーを都内で50台走らせる

  8. 淡色と蛍光の6色インクを初搭載した昇華転写プリンターを7月14日に発売。実用画質で約99㎡/hの生産…

  9. エムシードゥコー 関西エアポートとデジタル広告の独占運営10年契約を締結

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP