東急電鉄 渋谷を丸ごと屋外広告の媒体化。来春の本格運用へ

東京急行電鉄は7月18日、渋谷駅周辺の未活用壁面による街ジャックメディア開発事業「ROADCAST(ロードキャスト)」を開始すると発表した。

同事業は、渋谷エリアに点在する住居や店舗などの未活用壁面を広告媒体化し、同時展開するプロモーション手段として提供するもの。想定される料金は、渋谷のビルボード1面程度と非常に割安。二週間掲出の短期媒体であれば、中型程度の単独媒体は500万円前後が相場になっている。

広告主は、渋谷の街全体をジャックすることで、同じ広告を何度も目にするような展開によってインパクトを生んだり、場所に合わせて異なる表現を施すことで「探して見つける」楽しみを提供できたり、と街全体を一つのメディアとした効果的な情報発信を見込める。

一方の壁面所有者は、利用料収入が得られるほか、落書きに悩まされがちな壁面を綺麗に維持管理できる。さらに、渋谷を訪れると興味深い情報が得られ、面白い体験ができるというイメージが広がることで、来街促進や回遊性の高まりによる滞在時間の長期化につながり、街全体の活性化にも期待できる。

運用イメージ図 出典:東京急行電鉄

同社は、2018年夏から未活用壁面約30カ所を利用したテストマーケティングを実施した後、2019年夏までに約100カ所の壁面で展開する「渋谷街ジャックメディア」としての本格運用を目指す。周辺の屋外広告媒体社などとも連携も図り、メディアの拡大も予定しているという。

テストマーケティングの予定としては、2018年7月18日〜8月2日に東京電力エナジーパートナーによる新キャラクターのティザー広告。9月中旬〜下旬にビームスによるストリートアーティストとコラボしたストリート美術展を予定している。

なお、同事業は2015年4月に東急が創設した「社内起業家育成制度」の第4号案件にあたる。事業担当者は、「将来的には様々な街で事業展開し、街を豊かにしていけるよう挑戦していきたい」と語る。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 神戸市 鉄人28号の前に巨大投票箱

  2. ACジャパン 広告作品発表。手話・字幕導入の情報保障広告も制作

  3. クレスト 店舗ディスプレイの効果測定に加え、店舗内の動線分析も可能に

  4. 不燃認定を取得したフリース素材による壁紙用インクジェットメディアを発売、ナガイ

  5. デジタルサイネージを活用したNFT販売の実証実験を実施、丹青社と三井不動産

  6. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペースを販売開始

  7. 少年ジャンプの新連載 “秘蔵のネーム”131種類を使用した広告が渋谷に登場

  8. 第71回「広告電通賞」発表。総合広告電通賞はNTTドコモが初受賞

  9. フードコートの呼び出しベルを使った動画再生に、DOOH配信プラットフォームを搭載へ

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP