通天閣の屋外広告にLEDを全面採用。動きを加えた広告掲出は今回が初 日立製作所

日立製作所は2月28日、大阪のランドマーク「通天閣」のLED・ネオン広告を一新し、環境負荷が低いLEDを全面採用すると発表した。リニューアルは今回で14回目で、既に工事は2022年8月から開始しており、再点灯は2023年9月を予定している。

国内外からの観光客をはじめ、通行量の多い南広告面には「LEDサイネージビジョン」を新設。約H32×W3mの規模で、動きを取り入れた表示や、通天閣と日立の情報を発信していく。同ビジョンは文字をスクロール表示できるため、文字数制限のない発信が可能となり、多言語表示にも対応するとしている。動きを加えた広告は、日立が1957年より掲出してきた通天閣の屋外広告のなかで、今回初めての装いだ。

これに加え、東面に設置していたタワー上部の大時計も、人通りの多い南面に移動する。タワー塔頂部は、天気予報の役割を終え、今後はタワー全体に調和するトップライトとして生まれ変わる。日立と通天閣では、「これからも新たな未来に向かう社会と地域への貢献に努めるとともに、大阪から全国、そして海外へと、グローバルに注目される新たなタワースポットとして、光とビジョンによるメッセージをお届けします」としている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 2年ぶりに業界最大見本市「SIGN&DISPLAY SHOW2021」が11月4日に開幕。…

  2. 業界の最新情報をオンラインで学べる「どこでもセミナー」。7月のラインアップを紹介、ミマキ

  3. 新色の白インクと新開発のメディア検出センサーを搭載した「Colorado」の最新モデルを発表。8月下…

  4. 都内初のPMによる屋外広告の実証実験にコンテンツ提供、セイビ堂

  5. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP

  6. 福岡・中州にエリア最大級のLEDビジョンが登場。放映回数が2倍になるお得な期間限定キャンペーンを開始…

  7. AIカメラを連動させたデジタルサイネージの実証実験を静岡県内のスーパーマーケットで開始 楽天とタカラ…

  8. HONDA 109シリンダーに謎のハッシュタグとビジュアルを掲出

  9. 思わず歌いたくなるあの「うどんスープ」のCMソングが都営大江戸線・六本木駅に登場! ヒガシマル醤油

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP