横浜駅きた西口前初の180インチLED屋外広告ビジョン。広告費半額キャンペーンも実施

WEB制作・SPツール制作のオープンコルクは2日、LED屋外広告ビジョン「YOKOHAMA VISION(ヨコハマビジョン)」をJR横浜駅きた西口前に設置した。これにあわせ、5月末日までの申込限定で、広告掲載費が通常の半額で利用できるキャンペーンを実施中だ。

同ビジョンの設置場所は、横浜市西区南幸1-2-9にある横浜プリンス会館ビルの鶴屋町側面。西口方面と駅に向かう人が交差する好ロケーションにあり、近隣エリアでの地上から見える大型LEDビジョンの掲出は初の試みになる。

放映するコンテンツの構成は、朝・昼・夜の3部制。「ヨコハマから世界にカルチャーを発信」をコンセプトに、朝は通勤に役立つ情報、昼は音楽チャンネルの放映、夜はエンタメ関連を予定している。同社では今後、地元クリエイターの作品放映など地域連携も視野に入れており、今回のキャンペーンも企業広告のみではなく、個人やNPOなど幅広い広告主を対象としている。

YOKOHAMA VISIONの仕様は次のとおり。

設置場所:横浜市西区南幸1-2-9 横浜プリンス会館ビル側面(鶴屋町方面側)
モニタサイズ:W4000 x H2500mm(180インチ)
アスペクト比:16:9
ハード   :フルカラーLED(3.9mmピッチ)
表示機能  :動画/静止画
音響    :画面左右に設置(ステレオ放映)
放送時間  :PM6:00〜AM24:00(18時間/1日)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. LEDビジョン専用の3Dコンテンツを販売開始。建物との連携で多彩な表現が可能に、カムビアス

  2. 東京・渋谷に20m越えの巨大な壁画アートが出現。新発売のワイヤレスイヤホンを美麗なイラストでPR、W…

  3. Gallaxy 渋谷史上初の広告展開

  4. ブラザー工業がサイン・ディスプレイ市場に参入へ。ラテックスインク搭載の大判プリンターを発表

  5. 「Bizpa」の登録媒体数が1,000媒体を突破、ビズパ

  6. パルコ店内にヴァーチャル広告を導入。リアル空間と仮想空間を組み合わせた広告展開を実施、パルコとPsy…

  7. デジタルサイネージを非接触ディスプレイに早変わりさせるオプション機器2種を発売、ジャパンマテリアル

  8. 新宿駅西口に幅10mを越えるエリア最大規模のデジタルサイネージが登場、小田急電鉄

  9. 東京都大田区の蒲田東口商店街でフラッグ広告を掲出。SDGsの課題解決に向けてまい進、一般社団法人ON…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP