美術作品×健康飲料のコラボによって効能をユーモラスに表現。JR東日本の車両内ポスター広告で「アラプラス」シリーズをPR、SBIアラプロモ

SBIホールディングス傘下で、健康食品や化粧品の製造・販売を行うSBIアラプロモは10月17日、JR東日本で運行する首都圏全線の車両を対象とした、ドア横ポスターによる交通広告を展開した。掲出期間は、10月23日(日)までとなっている。

ポスターのメーンビジュアルには、有名画家による絵画作品と、自社商品の「アラプラス」「アラプラス ゴールド」などを採用。例えば、エドヴァルド・ムンク氏の「叫び」と血糖値を穏やかにする効果を持つ「アラプラス 糖ダウンドリンク」を掛け合わせ、ケーキを食べ過ぎてしまった人の苦悩を表現するなど、絵画とのユーモラスな組み合わせによって、商品のプロモーションにつなげるのを目的としているという。

「アラプラス 糖ダウンドリンク」とエドヴァルド・ムンク氏の「叫び」を組み合わせたポスター広告。「ひぇ~、またケーキまで食べちゃった!」のキャッチコピーで苦悩を表現した

同社では、主に5-アミノレブリン酸リン酸塩(5-ALA)を利用した商品開発に注力。5-ALAは、生命の根源物質とも呼ばれる天然アミノ酸の1種で、健康・活力・美容の面においてさまざまな有用性が報告されている栄養素だ。「アラプラス」シリーズには、5-ALAをはじめとした多彩な栄養素が含まれ、血糖値を下げたり、疲労感を軽減させたりと多くの効果をサポートする効能を持つそうだ。

ジャン=フランソワ・ミレー氏の「落穂拾い」は、「アラプラス ゴールド 疲労感軽減」の効果に合わせ、身体の疲れをユーモラスな言葉でつづっている

「アラプラス 糖ダウン アラシア」は、食事から摂取した糖の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を穏やかにすると報告されている飲料。ヨネハス・フェルメール氏の「真珠の耳飾りの少女」とコラボレーションした

 

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

アーカイブ

ページ上部へ戻る