閉じる
  1. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
  2. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  3. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  4. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
  5. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク
閉じる
閉じる
  1. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
  2. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペ…
  3. まちなかの広告媒体をカンタンに注文できるwebサイト「BIZPA」のベ…
  4. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP
  5. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、J…
  6. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3…
  7. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏…
  8. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  9. デジタル印刷とエンボス加工をワンストップでできるラテックス機を紹介、N…
  10. 「教えて!あなたの好きな町田の看板」 町田市で屋外広告物コンクールを開…
閉じる

看板経営.com

【サインの森オープンセミナー】働き方改革とは多様性の受け入れ、サイボウズ

サイン関連企業による全国ネットワークを展開するサインの森は、第10回オープンセミナー「サイン業、令和革命。ともに考え決断、行動する日」を8月30日午後13時から、東京・有明のTFTビル東館9階研修室906号室で開催した。

定刻、林義幸会長は次のように挨拶した。「毎年恒例のオープンセミナーも、今年で10年目となる10回目を迎え、皆さまのご支援のおかげと感謝申し上げる。現在、さまざまな施工会社を回っても、多くの経営者が人口減少に伴う人手不足に危機感を抱いている。働き方改革の推進方針には、休日を増やし、残業時間を減らし、有給休暇の完全消化が含まれるなど、現場の実態とは乖離(かいり)するところもあり、疑問を抱く方々も多いだろう。ではなぜ、働き方改革に取り組まなければならないのか、本日のセミナーを通し、その疑問を解決していきたい」

次いで、実行委員長の上野充博氏が「筆一本とペンキから始まったサイン業も、昭和から平成にかけてカッティングマシン、インクジェットプリンターとさまざまな機械化により、劇的な変革を迎えた。現在、平成から令和に変わり、社会全体が働き方改革で大きな変革期に入っている。サイン業は、いまだに80日程度の休みしかない会社が多く、働き方や労働環境は、他業種に比べて非常に遅れている。これからは、元請けから一人親方まで業界全体が幸せになれるよう、変わっていかなければ未来は拓けていかないのではなかろうか。まずは本日お集まりの皆さまと、ともに知恵を出し合い、行動に移し、サイン業の令和革命の波を起こしていきたい」と述べ、開会宣言とした。


社員が自らの働き方を自己申告するサイボウズ

セミナーでは、サイボウズビジネスマーケティング本部コーポレートブランディング部の大槻幸夫部長が登壇。「サイボウズの事例から考える、なぜいま日本の会社に働き方改革が必要なのか」をテーマに講演した。

サイボウズは、現在では世間に先んじて働き方改革に着手し、成果を上げてきたホワイト企業のイメージが強い。しかし、1999年の設立当初は、社員に我慢を強いる管理優先の画一的な社風で、2005年前後から売り上げは頭打ちとなり、3人に1人が辞めてしまう課題が生じていく。そこで抜本的な働き方改革に着手する。2006年、育休を最大6年まで伸ばすなど女性社員の定着率向上に努め、さらに社員が常勤や非常勤などの勤務体系を複数パターンから選択できるように変えていった。現在では、社員一人ひとりが自らの働き方を自己申告する「働き方宣言制度」を導入。副業も推進し、100人100通りの多様な働き方を受け入れる体制を築いていった。

「働き方改革の本質とは、残業を削減するとかではなく、従業員へ画一的な管理のしやすいルールを強いて会社一律で仕事を進める、という考えを捨てることにある。プロセスの中に一律で残業削減などがあっても、本質的には一人ひとりの働き方、ひいてはワガママを経営陣が受け入れられるかが大切だ。社員も同僚の自分とは異なる働き方を否定しない。これからの時代は公平性ではなく多様性を受け入れ、みんなが楽しく働ける環境を作っていかなければならない」

これらが奏功し、サイボウズは06年には28%まで達した離職率が現在は4%まで低減することに成功した。

無意識に共有される会社の「風土」が大切

ではなぜ、サイボウズが働き方改革で成果を上げることができたのか。それは、無意識的にメンバー間で共有されている価値観、いわば「風土」を大切にした点にある。同社では、グループウェアの開発に長年携わってきた経緯から、社長やマネージャーを含めた一人ひとりのスケジュールが社内全体に公開されている。営業マンの成果や開発プロジェクトの進捗、全員の日報すら自由に閲覧できる。

「あらゆる組織変革に言えるが、何かを変えようした時、みんなが実際の行動に移しているのか、これは非常に重要な点である。人は横が気になるもの。それを見える化し、疑心暗鬼を無くす。そのためには情報共有のツールが肝要で、一般的なメールだけだと宛先に入っていなければ見ることは出来ず、自ずと組織の壁を作ってしまう」

googleが成果を上げているプロジェクトチームを調べたところ、優秀なリーダーやスキルのあるメンバーがいる、そういった結果にはならず、「心理的安全性」というワードに行き着いた。自分の役割がある、同僚から認められている、失敗を話しても怖くない、このような安心感の高いチームこそがgoogleで一番成果を出していたという。

「社会人として成長していく上で、失敗は避けられない。その失敗から学んでいく。だけど、怒られるくらいなら失敗したくない。そもそも失敗するようなチャレンジもしなくなる。ここに、成果と心理的安全性が結びつくポイントがある。多くの企業が結果ばかりを優先し、関係性の質に目を向けない。関係性の質が悪ければ、会議の質も低下し、アイデアも生まれないばかりか、受け身の行動が優先され、思うような結果は生まれず、負のサイクルに陥る」

「まずは、関係性から始めなければならない。雰囲気は良いか、互いに信頼感はあるか、これらを重視したチームであれば、アイデアも生まれ、主体的な行動につながり、自ずと成果も上がるものだ。安心の『風土』を築いてこそ、組織の変革も根付いていく」

同社では、副業のスケジュールすらオープンにシェアする。これをしないと、「副業に傾倒し過ぎて本業が疎かになっていないか」などの不信感が生まれる。一人ひとりの情報を共有だけでなく開示、いわば「展示」することで、風通しの良い風土が生まれ、互いの疑心暗鬼もなくなるとした。

社員の多様性を受け入れる環境づくり

働き方改革の必然性については、人口減少の統計を示し、来年から50万人(鳥取県の現人口)ずつ減っていき、10年後には現在東京で働く人口と同数の働き手が減ることに触れ、これまでの働き方が維持できなくなっていくと強調。

「働き方改革と言うと、生産性向上のイメメージが強いが、これは違う。では、どこに焦点を当てるべきか。それは、社員一人ひとりの多様性を受け入れるかどうか。根本的な会社の存在意義とは、社員らを幸せにすることにある。会社とは個人の生活を豊かにするツールに過ぎないのに、いつの間にか会社のために個人が犠牲になってしまう。要は会社の存在意義を原点に立ち返り見直すのが、働き方改革の本質なのだ。この考えを持たないと、働き手がどんどん減っていく中で、人材の採用もままならず、ひいては離職率も高まってしまい、自ずと会社を維持できなくなっていく」

働き方改革をすすめるコツとしては、いきなり会社全体で取り組むのではなく、1つの部署やプロジェクトチームなど、小さなところから着手し成功体験を積んでいく。この体験が自ずと口コミで社内に広まっていき、周囲の理解も得られ易くなり、懐疑的だった社員の見方も変えていける。欧米的なトップダウンではなく、コツコツと現場の成功体験を広げていくのが大切であるとした。

サイボウズに寄せられる働き方改革に関する相談には、「うちは工場で、リモートワークなんて難しい。どうしたら良いか」といったものも多い。しかし、大槻氏は答える内容は同じだという。「社員の皆さんはどうしたいか。工場でリモートワークが出来ないことは、社員は分かりきっている。お題目ではなく、社員一人ひとりと向き合い、それぞれのリクエストを実現していくこと。これこそが働き方改革なのだ」

関連記事

  1. JBMIA 国内初、大判インクジェットプリンターのメーカー部会設…

  2. パーキング「タイムズ」運営のパーク24 創業50周年に向け新CI…

  3. AOKI 店舗総数1200超のグループ全体ロゴマークを新たに制定…

  4. 川崎市 12月に条例の一部改正へ。禁止区域で屋外広告物の掲出可能…

  5. 渋谷駅に「文字だけ」の大型広告

  6. 日本交通のデジタルサイネージ端末、他社タクシーにも提供開始へ

おすすめ記事

  1. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、JR四国
  2. 大判IJP SureColorシリーズに昇華転写プリンターほか新製品3機種を発表、エプソン
  3. LAPPS 2019ラッピングバトル開催。優勝はヤマックス・川上裕貴氏
  4. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー
  5. 9月の国内景気は建設需要と駆け込み需要が押し上げ、帝国データバンク

ピックアップ記事

新着ニュース

  1. 鉄道車両内でのDOOH事業を共同で推進する世界初の試み、NTTドコモ
  2. 六本木に65インチのデジタルサイネージ付き喫煙所が登場。8枠の広告スペースを販売開始
  3. まちなかの広告媒体をカンタンに注文できるwebサイト「BIZPA」のベータ版をリリース、ビズパ
  4. タクシー車内で楽しめる動画広告配信サービスの販売開始、博報堂DYMP
  5. 多言語の自動音声による避難誘導機能を持たせた電子看板を高松駅に設置、JR四国
ページ上部へ戻る