サイン&ディスプレイショウ2019レポート

国内最大の広告資機材見本市「サイン&ディスプレイショウ2019」が、東京ビッグサイト青海展示棟Aで8月29〜31日の3日間にわたり開催された。主催は、東京屋外広告美術協同組合、後援は東京都、日本屋外広告業団体連合会。
今年のテーマは、「『JUST SIGN JUST DISPLAY』きっと見つかるはず。あなたの目指す、サインとディスプレイの世界。」。開催規模は130社・326小間で、サイン・ディスプレイの製作と施工に欠かせない資材や素材、加工機器、工作車両などが一堂に会した。来場者数は2万8858人と昨年と横ばい。
本サイトでは、出展各社のイチオシ商品を写真とともに紹介する。


I&S
今年1月発売の屋内ポスター向け導光板パネル「LED LIGHT PANEL」を披露した。ポスターのイメージによって色温度を変更したり、周囲環境に応じて明るさを変えるなど、柔軟な演出が可能だ。


アイ・エス・パートナー
AC100V直結のネオン風LEDチューブ「シンネオン」をアピール。シリコンチューブ性で、自由に曲げて取り付けできる。隣接のアイ工芸ではLED製品とアルミフレームを展示。文字やイラストが浮き出る「カクレライト」のほか、車が載っても壊れない頑強な「LEDブロック」を出品した。


有明電装
スニーカーのかかと部分に、小型ディスプレイを搭載して文字を流す「LEDスニーカー」を参考出品した。EL光源を取り付けた安全ベスト、ソーラー対応の誘導避難標識なども展示。


アルミック
主力となる30㎜角アルミフレーム部材の「バリューフレーム30シリーズ」を紹介。オールアルミ製で軽量かつ耐久性に優れるほか、45°カット・ビス穴加工済みの施工性もウリだ。


梅電社
売れ筋商品の「スター看板用直管型LEDランプ」を出展。初期不良率が低く、鉄道会社のサイン関連で採用が進む。照射角は300°で両面看板に対応する。

Print Friendly, PDF & Email
固定ページ:

1

2 3 4 5

アーカイブ

ページ上部へ戻る