9年ぶりに名物ランナーの灯り消える。東日本大震災以来の自粛消灯、道頓堀グリコサイン

48日、大阪・戎橋のランドマークとして親しまれる道頓堀グリコサインの夜間電飾が消灯した。

日ごろ、お馴染みの両手を上げたランナーとの記念撮影で、観光客らが密集する戎橋界隈。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、夜間の点灯自粛が決まった。地元関係者からは「早く自粛が終わり、ランナーも明るく元気になってほしい」との声が寄せられているという。

道頓堀グリコサインの消灯は、20113月の東日本大震災以来、9年ぶりとなる。当時は1カ月ほどで再点灯したものの、今回は政府から緊急事態宣言も発令され、いつまで消灯が続くかは予測できない。新型コロナの影響で、大阪の屋外広告の象徴として長年地域に親しまれてきたシンボルまで自粛を迫られるのは、屋外広告業界全体の冷え込みを象徴するかのようだ。

なお、現在のグリコサインは1935年掲出の初代から数えて6代目。201410月にネオンからLEDに刷新し、大型ビジョンのような動画に近い表現も可能としている。

夜間点灯自粛の影響もあるのか、大阪の外出率は8割ほど減っているという。江崎グリコの広報担当者は「今は国民ひとりひとりが我慢するほかない。残念ではあるが、事態の終息に向け一役買うのにつながれば」と前を向く。消灯に肩を落としながらも、再びランナーが明るく照らされる日を願って言葉を結んだ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 最新情報を多言語で伝えるデジタルサイネージサービスに、施設情報を配信できる新メニューが登場。アナログ…

  2. OKIデータ ミマキとの提携明かす。国内溶剤プリンターの市場競争に変化

  3. ウィズコロナのニーズを見据えた抗菌・消臭・抗ウイルス製品をWebセミナーでPR、フジテックス

  4. 抗菌・抗ウイルスのラミネートフィルムや文化財のスキャニングサービスを披露、LSS D.I.S.サテラ…

  5. 3.1m長のプリントテーブルを搭載した高速フラットベッドUV機「JFX600-2531」を発表。JA…

  6. 2022年1月のフルハーネス原則化を前にランヤードの1本無料提供を開始、スリーエム ジャパン

  7. 周辺の天気に合わせてコンテンツが切り替わる屋外ビジョンの新サービスを開始。東京・大阪など6カ所で展開…

  8. 千葉県の看板製作会社と新聞社がビジネスマッチング契約を締結。業界の垣根を超えた新規顧客獲得へ、協同工…

  9. 「聖闘士星矢」で東京・大阪の各駅をジャック展開。新作のアプリゲームをPR  Wanda Cinema…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP