2021年 日本の広告費は10.4%増の6兆7,998億円。屋外広告は2,740億円とコロナ禍前の水準に届かず、電通

電通は2月24日、「2021年 日本の広告費」を発表した。

これによると、2021年1月~12月の総広告費は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が下半期にかけて緩和したのに加え、社会のデジタル化も進むなか、好調なインターネット広告費の成長に支えられ、二桁増の6兆7,998億円(前年比110.4%)となった。

概況として、上半期は感染拡大に伴う緊急事態宣言・まん延防止等重点措置などに伴い、前年同様に新型コロナウイルスの影響を大きく受けた。下半期に入ると、コロナ禍からの回復に伴う景況感や消費者心理の改善に伴い、テレビメディア広告費が回復。インターネット広告費の成長が加速したのも広告市場の成長につながった。

これに、東京2020オリンピック・パラリンピックが広告需要を後押し。10月以降、音楽・スポーツイベントやテーマパークなどで次第に入場制限は解除され、人流や経済が戻ってきたことを受け、多くの広告媒体は回復傾向になった。リアルとオンラインを組み合わせたイベントも徐々に増加し、リアルイベント自体も感染症対策を施すなかで開催されていき、中でも大型のスポーツイベントの実施は明るい兆しをもたらした。

インターネット広告費は1997年に推定を開始して以来、継続的に高い成長率を維持し、2021年には2兆7,052億円(前年比121.4%)に上り、マスコミ四媒体広告費の2兆4,538億円(前年比108.9%)を初めて上回った。とりわけ映像系を中心に動画広告需要の高まりが顕著で、デジタルプロモーションの活用拡大も市場成長に貢献した。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2 3

関連記事

  1. JR名古屋駅でサイネージ視認者計測に関する実証実験を開始、ビズライト・テクノロジー

  2. サイン業界向け低溶剤インク搭載IJPシリーズに新しく4機種をリリース。ハード設計をいちから見直し、よ…

  3. 3モデルの産業用インクジェットヘッドを世界同時発売、リコー

  4. 業界の最新情報をオンラインで学べる「どこでもセミナー」。7月のラインアップを紹介、ミマキ

  5. “白一色”の何もない広告で新製品をPR。乳製品のみでつくられたバニラアイスの特徴をシンプルに表現 明…

  6. OOHの掲出風景を臨場感のある動画としてSNSで拡散させる独自サービス「HIT-buzz」を提供開始…

  7. 自治体に向けた広告付き消毒液スタンドの無償提供を開始、長田広告

  8. 2月22日と23日にかけてグローバルイベント「Mimaki Global Innovation Da…

  9. 幅30mを超える湾曲サイネージを搭載した駅型ショールーミングスペース「AKIBA“CAP”」を4月1…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP