【レポート】木曾福島地区に江戸情緒を取り戻したい。木彫看板で紡ぐ地元デザイナーの心意気

長野県木曽郡木曽町福島地区で3月31日、県内を中心に活動するデザイナーの山下勝彦さんによる木彫看板の設置が完了。商店街の合計100店舗に木彫看板を設置した。

同地区は、江戸時代に中山道の宿場町として栄えたものの、1927年に発生した昭和の大火により焼失してしまいすっかり当時の情緒を失ってしまった。

アートが施される前のシャッター街

一部火災を免れた地域もあったようだが以前の古い建物はほぼ姿を消し、次第に人通りも少なくなりシャッターを閉じてしまう店が増えていったという。

そんな寂しくなってしまった地元の景観に活気を取り戻そうと2015年にあるプロジェクトが発足する。

デザイナー・山下勝彦さん

「このまちを看板の力で彩り、活気づけたいと思ったんです」。そんな思いから立ち上がったのは地元を中心にデザイナーとして活動する山下勝彦さんだ。2015年に遂行された第1弾は地元の商店街50店舗に江戸情緒あふれるシャッターアートを描くというものだった。

施されたシャッターアートの一部事例

続いて、第2弾として2019年に地元産木材を使用した木彫看板で江戸時代に栄えた宿場町の趣を取り戻すための活動がスタートした。

看板のデザインから、製作、設置に至るまで駆け抜けてきたと遡及する山下さん。ひとりでプロジェクトを遂行するなかで時折手を貸してくれたデザイナーの友人には感謝してもしきれないと目尻を下げる。

手伝ってくれた友人たち

同プロジェクトは、地元を活気づけようとまちの観光商工課や地元商工会に働きかけて実現したと胸を張る。巨大壁画職人として全国を飛び回り、常日頃から巨大壁画や空間丸ごとのデザインを手がけるのが得意な彼にとって、看板製作へのチャレンジは新しい発見とひらめきの連続だったと語る。

膨大な資料を元にデザインを考案

今回の木彫看板プロジェクトでは、前回のシャッターアートを大きく上回る100店舗が対象となった。

各店主と打ち合わせを重ねて完成したデザインは「ちゃんこ屋にはちゃんこ鍋」「建設会社には大工道具」など業種にちなんだイラストをあしらい各店舗の個性がひと目で分かるようになっている

ヒノキやケヤキなどの地元産木材に自ら下絵を施しNCルーターで切り出したあと、手彫りで仕上げていくこだわりよう。木目が生きるようにと文字以外の着色には防腐効果のある5色のオイルステインを使い分けて表現したという。

基本の5色を独自にブレンドし細微な色合いを表現

ひとつひとつに真剣なまなざしで向き合い作り上げる

「はじめは規格を決めて看板製作にあたりましたが、より景観に合うように工夫した結果、店舗ごとに異なるデザイン・形状になっていきました。看板を設置していくうち、使用するアイアン素材にもこだわりたくなってしまい作るものが増えて大変でした」と朗らかに笑う山下さん。

鉄と木の調和を大切に、細かな部分も手仕事によるデザインでこだわり抜いている。雨よけを付けた看板があったりとバリエーションも豊かだ

絵本から飛び出したようなかわいらしいデザインにはノスタルジックさも感じられる

筆文字も直筆でデザインし、ゴールド部分は箔貼りで仕上げて高級感を演出している

取材中、今マイブームだというガーデニングの装飾に使うモルタル造形について話す姿からは、まるで少年のような無邪気さが感じられた。

さらに、看板だけに留まらず、手作りあんどんや切り絵アートによる店舗内プロデュースも並行して行ったという活動力には驚きだ。地元商店街からも好評だったという。

今回の木彫看板に見られるように、ほっと安らぐような手仕事の工夫を凝らしているのが山下さんの作品の特徴だ。
「昨今の看板は多くの工程を機械化していて、ぬくもりが減りつつあってさびしいですね」と話す。自身がデザインする空間や施設には必ず手作りならではの温かみを感じられる演出を心がけているそう。

シャッターアートに続き木製看板を設置し終わったばかりだが、既に次のプロジェクトの青写真も描いているとはにかむ。今後はあんどんとマイブームにもなっているガーデニングに、得意のモルタル造形を生かした鉢植えによる緑豊かな小庭をまち全体に配置し景観を向上させ、ゆくゆくは地元を観光名所にしたいと目を輝かせた。今後の活動からも目が離せなくなりそうだ。

より商店街を盛り上げるためさまざまな企画を進行中

以前手掛けた宿泊施設。電球色の暖かな光が照らす室内は訪れた人の心を穏やかに包み込んでくれる

まるでプリントしたかのような巨大壁画を手掛ける山下さん。エアブラシとローラを駆使して描く

圧巻のサイズで描かれたみずみずしいポカリスエット

御嶽山噴火による鎮魂の思いを込めて奉納した龍神画

普段はエアブラシを使った手描きアーティストとして活躍中

Print Friendly, PDF & Email

業界展示会情報

  1. TOKYO AUTO SALON 2021 バーチャルオートサロン

    1月 15日 - 11月 30日
  2. DOMOTEXDIGITALDAYS

    5月 19日 - 5月 21日
  3. LED JAPAN 2021

    5月 26日 10:00 AM - 5月 28日 5:00 PM
  4. 九州印刷情報産業展

    6月 4日 10:30 AM - 6月 5日 10:30 PM
  5. 広州国際照明展2021

    6月 9日 - 6月 12日

アーカイブ

ページ上部へ戻る