【レポート】木曾福島地区に江戸情緒を取り戻したい。木彫看板で紡ぐ地元デザイナーの心意気

長野県木曽郡木曽町福島地区で3月31日、県内を中心に活動するデザイナーの山下勝彦さんによる木彫看板の設置が完了。商店街の合計100店舗に木彫看板を設置した。

同地区は、江戸時代に中山道の宿場町として栄えたものの、1927年に発生した昭和の大火により焼失してしまいすっかり当時の情緒を失ってしまった。

アートが施される前のシャッター街

一部火災を免れた地域もあったようだが以前の古い建物はほぼ姿を消し、次第に人通りも少なくなりシャッターを閉じてしまう店が増えていったという。

そんな寂しくなってしまった地元の景観に活気を取り戻そうと2015年にあるプロジェクトが発足する。

デザイナー・山下勝彦さん

「このまちを看板の力で彩り、活気づけたいと思ったんです」。そんな思いから立ち上がったのは地元を中心にデザイナーとして活動する山下勝彦さんだ。2015年に遂行された第1弾は地元の商店街50店舗に江戸情緒あふれるシャッターアートを描くというものだった。

施されたシャッターアートの一部事例

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 建設業界の約7割が人手不足を実感。相次ぐインバウンド需要への対応で、賃金をアップする企業も増加傾向 …

  2. 【フォトレポート】4年に一度の世界4大印刷機材展「IGAS2022」

  3. 高速プリンターと大径リワインダーを連結させた国内初となる大量生産システム、LSS

  4. 内照式看板向けに特化させた直管型LED「VLT2」をリリース。ランプの重なりを不要に、ニッケンハード…

  5. 昇りは「ポジティブ」、降りは「親しみ」。階段の行き帰りでは、興味を得やすい広告が変わる? 産学連携の…

  6. 日本HPのフラッグシップモデル「HP Latex700/800シリーズ」はなぜ車両ラッピングに最適な…

  7. 【2020年 日本の広告費】屋外広告は前年比15.7%減の2,715億円で推移。ネット広告はマス4媒…

  8. 屋外LEDビジョンに対する国民の印象調査を実施。8割以上が「印象に残る」と回答、ICA

  9. 若者のSNS利用実態を調査。今後の企業PRに欠かせない「Z世代」に向けた広告展開とは、メトロアドエー…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP