9月15日(水)〜17日(金)に一挙5機種の新製品をWeb上で発表、ミマキ

ミマキエンジニアリングは9月15日(水)〜17日(金)の3日間、フルカラー3Dプリンターはじめ5機種の新製品発表会をWeb上で開催する。いずれも時間は13時〜14時で、参加は事前登録制。

>>>申し込みはこちらから

15日(水)には、フルカラー3Dプリンターのエントリーモデル「3DUJ-2207」を発表。1,000万色以上かつ高精細な造形を実現した小型3Dプリンターで、小サイズ・小ロットのフィギュアやグッズ製作に最適な1台となっている。建築、医療、デザインオフィスなどでの模型作成の用途も見込む。造形エリアはW203×D203×H76㎜。

16日(木)には、デジタル・コーティングマシン「DCF-605PU」を披露。アクリル、ポリカーボネイト、PETの樹脂素材やステンレスなどの金属素材にコーティングを施すことで、傷防止の表面保護、耐溶剤性の機能付与、IJ出力された加飾部分の退色低減、高い擦過性が付帯できる新しい発想のマシンだ。コーティングによる光沢感を生かし、意匠性の高いグロス調の仕上がりへの昇華も可能としている。コーティングエリアはW520×D450×H40㎜。

17日(金)には、UVインク搭載プリンター3機種を紹介。ハイパフォーマンスモデル「UJF-7151 plusⅡ」は、樹脂や金属、皮革、ガラスなどのさまざまな素材に対するダイレクトプリントを可能としている。工業用製品の銘板や高精細が求められる各種パーツ類、多様なオーダーグッズといった小量多品種のオンデマンドプリントでの活躍を見込む。印刷エリアはW710×D510×H153㎜。

小型サイズのエントリーモデル「UJF-6042 MkII e」(印刷エリア:W610×D420×H153㎜)、「UJF-3042 MkII e」(印刷エリア:W300×D420×H153㎜)の2機種は、インクのバリエーションを豊富に取り揃え、手帳カバーや合皮などの柔らかい素材から、室内サイン、トロフィー、文具、アクリルキーホルダーといった硬い素材まで1台で出力可能。オーダーグッズ製作に最適な安定性の高いプリントを提供する。

新製品発表会後は、実機デモやテストプリント、サンプル配送、オンライン商談なども細やかに受け付けるとしている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【レポート】芸術の名門校に木製看板が寄贈されるまで

  2. アニメイト池袋 おそ松さんの看板

  3. 生産性が約2倍に向上したラテックスインク搭載プリンターを発売、リコー

  4. 東京メトロで流れる動画を同時配信できる広告サービス開始、メトロアドエージェンシー

  5. ゴジラの生誕70周年を記念し、1/6スケールの巨大オブジェが登場。熱線を吐く様子を撮影できるARイベ…

  6. JR新宿駅構内にスロットマシンが登場⁉︎ NHK・BSプレミアムの特殊広告

  7. サッカー日本代表の応援プロジェクトとして渋谷スクランブル交差点の7面ビジョンをジャック JFA

  8. 今週12日(木)に国内最大級の広告資機材見本市「第64回サイン&ディスプレイショウ」が開幕 東広美

  9. ユーザーが自由にブランドを構築してオリジナル商品を販売・購入できるECサイトがオープン。現在プレゼン…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP