ミラー型タッチパネルディスプレイのレンタル開始

AIなどの先端技術によるデジタルソリューションで事業展開するジーエルシーは、タッチパネルディスプレイ「スマートミラー2045」を月額6万円から利用できる短期間レンタルプランの提供をスタートした。

スマートミラー2045は、映像が鏡から浮かんで見えるミラー型モニターで、AndroidOSを標準搭載し、必要なアプリをインストールして自由に使用できる拡張性の高いデジタルサイネージ。年齢や性別が認識可能なカメラやタッチ機能、接近センサーなども内蔵する。

サイズは32・42・55インチの3種類で、壁掛け・キオスク・テーブル型の3種類の設置方法を用意している。

同社では、「店舗・オフィス・街中に、これまでの〝鏡〟や〝ディスプレイ〟の代わりに設置することで、デジタル広告・メイク・ファッション・フィットネス・ゲーム等で顧客への新体験の提供を可能にする」としている。

今回の短納期レンタルプランは、1週間あたり4万5000円、1月あたり6万円からとなっている。

>>スマートミラー2045ホームページ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. コスパ重視のアジア圏に向けた新ブランドが登場。第1弾として、それぞれ生産性と低コストが武器の2機種を…

  2. 多彩な素材への直接印刷を可能にするUV機の新ブランドの立ち上げを発表。新機種6モデルを5月に上市へ …

  3. 「応援広告」の認知度、活用度を調査するWebアンケートを実施。推し活の推定市場規模は、「屋外広告・交…

  4. BtoCを対象にした横断幕・垂れ幕の専門ECサイトをオープン。短納期と低価格を両立、大阪美装

  5. OKIデータ ミマキとの提携明かす。国内溶剤プリンターの市場競争に変化

  6. 多彩なアーティストが手がけたネオンアートを一堂に会した展示会「大ネオン展」を今年も開催。開業65周年…

  7. MCD 都内主要バス事業者すべてと広告付きバス停上屋の独占契約

  8. IJPを活用した物販ビジネスを模索する経営者向けのオンラインセミナーが開催、フジテックス

  9. コロナ禍におけるサイン業界向けの新提案をYouTubeLIVEで訴求、ミマキ

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP