オフィス内の複合機にデジタルサイネージを設置。前例のない動画広告枠でBtoBサービスをPRできる新サービスを開始、Ultra FreakOutとPrediction

デジタルサイネージにおけるプラットフォオームの開発を行っているUltra FreakOutと、多彩なマーケティングサービスを提供するPredictionは11月10日、複合機に設置したデジタルサイネージを活用し、オフィスの内で動画広告を放映できるサービス「OfficeVision(オフィスビジョン)」の正式リリースを発表した。

同サービスは、オフィスの一等地にある複合機上部にデジタルサイネージによる広告枠を設置し、そこで動画を配信させるもの。オフィスでは必須となる複合機と、PRに適したデジタルサイネージを組み合わせ、社内に滞在するビジネスパーソンにダイレクトな訴求が行えるのを特徴としている。主に、BtoB商材やオフィス向けのサービスをアピールする場として最適な広告面と言えそうだ。

映像は、複合機の平均利用時間に合わせ、約2分の動画を3回、合計6分間放映。駅前や商業施設内のデジタルサイネージとは異なり、原則視聴するのはビジネスパーソンのみのため、管理部や営業部など部門別のターゲティングも可能だ。

その広告効果は、既に実証実験において立証済み。「OfficeVision」を利用した場合と、しない場合でWebページのアクセス解析を実施したところ、直帰率、平均セッション時間にともに大幅な改善効果があったという。

今後も両社は、大手不動産デベロッパーや大手印刷メーカーなど、都内の有名企業を中心に設置を推進。2024年までに1,600台の設置を予定しており、将来的には大阪・九州などの主要都市にも事業を拡大していく予定だ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. リコーと共同開発した「プリンテリアクリア搭載ラミネート機」など新製品群をPR、LSSが2年ぶりのサテ…

  2. 富山市のランドマーク、コカ・コーラ巨大看板が撤去、惜しむ声続出

  3. マレーシアの大型ビルボードに掲出するメッセージをSNSで募集、長田広告

  4. イタリア・FLEXA社の最新コールドラミネーターが日本に上市。ユーザー目線の新機能満載で現場の生産性…

  5. 看板・広告資材の大手ECサイトが一新。検索機能が充実したほか、看板施工まで一貫受注できる新サービスを…

  6. 淡色と蛍光の6色インクを初搭載した昇華転写プリンターを7月14日に発売。実用画質で約99㎡/hの生産…

  7. 色再現性を大きく向上したカラー電子ペーパーの提供へ。電源不要かつ屋外掲出も可能でデジタルサイネージの…

  8. 昭和レトロなホーロー風看板で地元カレーをPR、岡山県総社市

  9. 世界の広告費は2023年に初の100兆円市場へ。2024年は全体で4.6%成長を見込み、日本は2.5…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP