5面同時に映像投影可能なキューブ型LEDビジョンの販売を開始、BLUE LED

ベネフィットラインが運営するデジタルサイネージ制作会社のBLUE LEDは11月25日、立体的な表現で見るものの目を楽しませる「キューブ型LEDビジョン」を販売開始する。


飲食店の外壁に設置された「キューブ型LEDビジョン」。遠くから見てもインパクトは絶大だ


全5面による表現で、どの角度から見ても映像を視認できる

BLUE LEDは、デジタルサイネージの映像制作はもちろん、商品の提案から、施工までワンストップで行うのが特徴。それだけでなく、動く調光フィルム「KIRIMO」や、ポスター型LEDディスプレイなど、デジタルサイネージ関連のさまざまな製品を取り扱っている。

今回販売した「キューブ型LEDビジョン」のサイズは、500×500㎜で、重さは50kg。ピッチサイズは3.91㎜と細かいため、鮮明な映像表現も可能だ。表示コンテンツはスマホ、またはPCから簡単に変更できるため、毎日違ったコンテンツを提供できる。

>>>製品の詳細はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. SDGsに配慮したWeb印刷に加え、デザイン代行も一貫で手がける全く新しいECサイトがオープン、fe…

  2. 秋田県 「アキタ」の剥がせる交通広告で秋田犬年をアピール

  3. CHANEL 屋外広告キャンペーンを実施 真っ赤なボトルが渋谷・銀座を埋め尽くす

  4. 大阪のランドマーク看板「大ぴちょんくん」で熱帯夜の注意喚起

  5. 無料でタクシーに乗車しながら癒しの時間を体験できる期間限定のプロモーション企画を実施、ニューステクノ…

  6. ザイマックス センサによる看板の見守りサービスを正式リリース

  7. JR名古屋駅でサイネージ視認者計測に関する実証実験を開始、ビズライト・テクノロジー

  8. AOKI 店舗総数1200超のグループ全体ロゴマークを新たに制定

  9. 約30年振りとなるデザイン変更。駅新設に合わせて駅名・案内サインの全面的なリニューアルを実施 北大阪…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP