外照式サイン向けのLED照明「パワーポラックス3」をリリース。最大H7,000㎜の照射を達成、三和サインワークス

三和サインワークスは、大型サイン用LED照明「パワーポラックス3」をリリースした。

パワーポラックス3は、出幅の極めて少ない外照式サイン向けのLED照明「パワーポラックス2」の後継モデル。搭載するLEDチップとレンズのリニューアルにより、器具光束や均一照射などの照明性能を大幅に向上している。

このため、従来品と比べて照射距離を大きく伸ばし、ダウンライトとアッパーライトを組み合わせて使用すれば、最大H7,000㎜まで意匠面を照らすことが可能だ。ダウン、またはアッパーの単体使用時は最大H3,500㎜を照射。

同社では、パワーポラックス3の活用シーンとして、屋上広告塔や大型壁面看板などの照明に最適としている。

上代価格は下記の通り(いずれも税別)。

ダウンライトタイプ

  • 600L  :66,000円
  • 900L  :73,000円
  • 1200L:81,000円
  • 1800L:115,000円

アッパーライトタイプ

  • 600L  :73,000円
  • 900L  :81,000円
  • 1200L:89,000円
  • 1800L:126,000円
Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ラディウス・ファイブ AIが屋外・交通広告用の特大画像を生成する新サービスを提供開始

  2. 【中止】第36回広告資機材見本市「SIGN EXPO 2021」を開催、近広連

  3. 仕掛け印刷「トリックプリント」のビジネス活用法が学べるオンラインセミナーを開催、フジテックス

  4. NKB 初の台湾子会社を新設。新幹線の広告媒体などを主力に販売

  5. IJメディアの人気シリーズ「バンドーグランメッセ」からエア抜け性能を高めた簡易施工タイプが新登場、バ…

  6. 2019年4月の大阪三行合併で約400支店の看板架け替え見通し

  7. 昭和40年代に運行していたバスの塗装をカーラッピングで再現。地元住民に愛されるバスに、キョウエイアド…

  8. 販促・マーケティングの専門見本市が16日開幕、PIショー

  9. 最新機「JFX550/600シリーズ」をバーチャル展示会のLiveデモで初披露。3日間にわたって業界…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP