内照式看板向けに特化させた直管型LED「VLT2」をリリース。ランプの重なりを不要に、ニッケンハードウエア

ニッケンハードウエアのロングセラー商品であるAC100-240V直結の直管型LED「VLT(ビューランプチューブ)」。そのVLTが7年ぶりにフルモデルチェンジし、内照式看板向けに一層の特化を図り、「VLT2」としてリリースされた。

刷新点は、従来モデルから好評だったランプの端近くまで発光する特徴をより強化。これまで口金部内にあった電源回路をLEDチップを止めるアルミシャーシ内に組み込む構造に再設計し、きれいにランプの両端まで発光するような仕組みとした。

最大の特徴は、新コンセプトにも掲げられている看板内部の「ランプの重なり」 を不要とした点だ。従来モデルが看板厚300㎜で不要だったのに対し、看板厚180㎜(アクリルt3㎜で検証)でもランプの一部を重ねて設置する必要性をなくしている。ランプイメージの低減も図り、薄型看板への対応力を大きく向上している。

一方で明るさは、最大で全光束3,080lmを達成し、平均的な40W型蛍光灯を上回ることに成功。従来よりも発光効率を向上させ、さらに明るく看板板面を照らせるようになった。

もちろん、目の疲れにつながるフリッカー対策にも余念がなく、カメラレンズ越しでもチラつかない安定発光を提供している。看板の施工現場で起こりがちなプラスとマイナスの逆接防止についても、極性フリーの両側配線を採用し、安全面への配慮を施している。

VLT2のラインアップは、360度配光の両面発光タイプと、300度配光の片面発光タイプの2バージョン。それぞれ長さが蛍光灯 20W・30W・32W・40W型の4種類に分かれ、色温度は白色6,000Kと電球色3,000Kの2種類を用意し、合計で16製品となっている。いずれもG13口金対応で、保証期間は3年間(1日20時間以上の連続点灯を除く)。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「プラレール」と「リカちゃん」がゲームセンター内でコラボ! どちらの遊具も満喫できるテーマパークが幕…

  2. 【HP Latexプリンター導入事例】イタミアート

  3. 媒体の選定から購入、掲出までチャットで完結できる広告枠専門のWebサイト「カンバンモール」のベータ版…

  4. 外照式サイン向けのLED照明「パワーポラックス3」をリリース。最大H7,000㎜の照射を達成、三和サ…

  5. デジタルスクリーン製版機での加工・多色印刷を学べるオンラインセミナーを開催、理想科学工業

  6. 社員が原価意識を持ち利益率すら向上させるSignJOBZ、コムネットユーザー会

  7. 再開発進む渋谷駅の誘導案内サインが刷新へ。4エリアに分け利便性と回遊性の向上図る

  8. 2019年元旦に「渋谷駅前ビジョン」始動。総面積350㎡の大型LEDビジョンが新登場

  9. 4月下旬にラテックスインク搭載プリンターを発売し、サイングラフィックス領域へ参入 ブラザー

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP