ポイ活アプリを活用した交通広告のテスト販売を開始。より詳細な広告効果の検証が可能に、ジェイアール東日本企画

ジェイアール東日本企画は2月18日、Webサイトやアプリを使ってポイントを蓄積させるいわゆる「ポイ活」をサポートするアプリ「トリマ」を展開するジオテクノロジーズと、位置情報プラットフォーム「pinable」を提供するスイッチスマイルの2社と連携し、交通広告のテスト販売を開始すると発表した。これにより、より精密な広告効果の検証が可能になるという。

効果を調べる肝になるのは、ジェイアール東日本企画によって、JR山手線全編成の各車両、および各駅の改札口に設置されるBluetooth「Jビーコン」。スイッチスマイルの「pinable Ad」と組み合わせれば、より正確なJR山手線の乗車判定が行えるようになるそうだ。

加えて「トリマ」のアンケート機能を活用すれば、車内の広告に触れたと想定される利用者にアンケートジェイアール東日本企画はを配信できるため、一層具体的な広告効果の検証を期待できる。

現在、テスト的に行われている主なアンケート項目は、「ブランド認知」「利用意向」「広告認知」の3問。さらに広告掲載後は、12営業日前後で調査レポートも提出できる。速やかなレポーティングによって、一週間単位の短期間であっても十分な成果を得られる。

ジェイアール東日本企画は今回のテスト販売を通じて、広告主企業の需要度を確認するとともに、運用面における最適解を模索。これまで難しいとされてきた「交通広告」における「効果の可視化」にチャレンジしていく構えだ。今後はよりスピーディーに、より多くの検証サンプルを獲得できる方法を検討していく。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」を2月28日から開催。「JAPAN SHOP」では、SDGs…

  2. IJPを活用した物販ビジネスを模索する経営者向けのオンラインセミナーが開催、フジテックス

  3. ユーザーが自由にブランドを構築してオリジナル商品を販売・購入できるECサイトがオープン。現在プレゼン…

  4. TV、新聞、屋外広告とあらゆる媒体を駆使して「猫の交通事故防止」を啓発。猫の日にはさまざまなプレゼン…

  5. 好きな芸能人やキャラクターとの撮影を擬似体験できるサイネージの提供を開始、凸版印刷

  6. 11月24日から4年に一度の世界4大印刷機材展「IGAS2022」が開幕

  7. パロマ 東京メトロ100箇所の広告看板に、一般応募100枚の写真掲出

  8. 世界のトップクリエイターが映像を制作する裸眼3Dビジョン。第1弾としてビームスのブランド広告を放映、…

  9. TVドラマも放送開始のスタートアップ漫画「トリリオンゲーム」。都内各所で主人公のハルによる挑戦状広告…

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP