新宿駅東口に大型デジタルサイネージを設置。巨大3D猫がSNSで大きな反響に、マイクロアドデジタルサイネージとユニカ

マイクロアドデジタルサイネージとユニカが共同運営するデジタルサイネージ「新宿クロスビジョン」で、7月1日からプレ放送がスタートした。

同ビジョンは、4K相当の高画質が最大の特徴。150㎡を超える大型サイズとしては国内唯一の美麗な演出を可能とし、一般的な平面サイネージでは表現できない3D映像までも放映できる。今回のプレ放送では、デモンストレーションとして通常放映の合間に3Dの巨大三毛猫を放映し、周辺利用者の関心を強烈に引き付けている。

実際に放映される3D映像では、猫がビジョンの放映開始とともに目を覚まし、夜となって放映終了とともに眠りにつくという。ときには通行人とコミュニケーションを取ろうとするケースもあるなど、周辺利用者への驚きと癒しをもたらし、SNSやメディアでも連日反響を呼んでいる。

近年、海外でも度々話題を呼んでいる、大型街頭ビジョンを利用した3D演出。日本国内ではまだ珍しい取り組みではあるが、設計当初から視聴に適した設計位置・形状を意識し、よりインパクトを感じられるプロモーション映像になったという。

今後も「新宿クロスビジョン」では、他のビジョンにはまねできない映像を放映し、イベントスペース、広場、他ビジョンと連携した効果的なプロモーションやマーケティングを提供していく予定だ。

猫をひと目見ようと集まる人たち

【クロス新宿ビジョン概要】
住所:新宿区新宿3-23-18 クロス新宿ビル屋上
放映時間:07:00~25:00(17時間放映保証)※24時以降無音放送
画質:4K相当
画角:16:7
サイズ:154.7㎡(W18.96m×H8.16m)
画面仕様:6ミリピッチLED SMD仕様
>>>ライブカメラによる映像はこちら

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 昭和40年代に運行していたバスの塗装をカーラッピングで再現。地元住民に愛されるバスに、キョウエイアド…

  2. 地域の景観を守るのを目的とした官民一体の取り組み「屋外広告物適正化旬間」。全国各地で多彩な啓発活動を…

  3. オンライン展示会「第2回 Mimaki Live for Sign Graphics」を7月13日に…

  4. 高精細スキャナーをショールームに設置。IJPと組み合わせたサービスを開始、リンテックサインシステムと…

  5. キヤノン Corolado 1640でショールームを特別装飾。ラグビーワールドカップに向けて

  6. ゴジラが17時をお知らせ! 最新映画をPRする特別仕様のLEDビジョンがJR名古屋駅に登場 ジェイア…

  7. 新宿駅前のLEDビジョンに新たな3D猫が登場。2画面を連動させた映像表現がSNSで話題に、SNC ソ…

  8. 3D映像とサウンドを組み合わせたLEDディスプレイに直径300㎜のコンパクトタイプが登場!より自由度…

  9. 日本美術を飾る成田国際空港のミニギャラリー拡張。3Mのペイントフィルムが採用される

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP