サイン業界向け低溶剤インク搭載IJPシリーズに新しく4機種をリリース。ハード設計をいちから見直し、よりユーザー目線に進化したフラッグシップモデルが誕生、ローランド ディー.ジー.

ローランド ディー.ジー.は3月1日、サイン業界向けのエコソルベントインク搭載プリンター「TrueVIS(トゥルービズ)」の新製品として、フラッグシップモデル「TrueVIS VG3/SG3シリーズ」の計4機種をリリースすると発表した。発売は3月23日(水)を予定している。
>>>製品の詳細はこちら

「VG3シリーズ」は、最大1,600㎜幅のVG3-640と同1,346㎜幅のVG3-540の2機種を用意する。搭載インクは、従来マシンであるVG2/SG2シリーズと同じく、CMYK/Lc/Lm/Or/Grの8色を搭載する「TR2インク」を採用。より原色に近いオレンジやグリーンインクで色域の広いカラー表現を可能にするほか、ライトシアン、ライトマゼンタによって粒状感を軽減した滑らかな色合いも実現する。

加えて、TR2インクの広い色域をより最大限に引き出す同社独自の印刷設定「True Rich Color 3(トゥルーリッチカラー・スリー)」も搭載。ひとつの出力物のなかで、滑らかなグラデーションやニュートラルなグレーといった対照的な色合いも印刷できるようになり、目立たせたい部分はより鮮やかに、リアルなところはより自然なままにといったように、多彩な色表現も可能になるという。

さらに、メディア巻き取り部分のセンターとサイドには、新開発のローラーを採用しているのもポイント。従来マシンと比べ、よりメディアを抑える圧力の最適化を図り、プリント&カットのさらなる品質向上に一役買っている。

このほか、視認性が高く、使いたい項目に素早くアクセスできるカラー液晶タッチパネルをはじめ、メディアの斜行を抑え、簡単かつ正確にセットを行える機能など、さまざまなサポートも充実。安定した印刷品質と作業負担の軽減を助けるメディアギャップ補正と送り補正の自動化にも対応し、よりユーザーのワークフローを改善させる機能が多数搭載されている。

Print Friendly, PDF & Email
ページ:

1

2

関連記事

  1. ボラギノールシリーズの新製品をPRする屋外広告を都内の各所で展開。電車内ジャックや新テレビCMの放送…

  2. 自治体に向けた広告付き消毒液スタンドの無償提供を開始、長田広告

  3. JRの首都圏全車両にステッカーを掲出する交通広告を展開。ギフト券5万円が当たるプレゼント企画も、Wo…

  4. JR東日本沿線の空き壁を活用し、地域活性化を目的としたアートイベントおよび実証実験を開始、JR東日本…

  5. 写真とデザインデータだけでオーダーメードのグッズを製作できるWebサイト「Original Fact…

  6. 3.2m幅のダイレクト昇華プリンター「PLUTINUM」を内覧会で初披露、上野山機工

  7. トヨタ 都内直営販売店4社を融合し新会社設立へ。看板全面切替え

  8. UV機のフラッグシップモデル「UCJV330シリーズ」を10月に発売。5層印刷をはじめ2.5Dや透か…

  9. オリジナル看板や広告を設置できるロッカー式自販機のレンタルサービスを1月から開始 アイナス

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP