都内の主要駅がサイネージによって大きく生まれ変わる!? リアル空間とデジタルを融合させた体験型空間が続々誕生 JR東日本グループ

JR東日本グループは6月7日、JR上野駅、秋葉原駅、新宿駅に、大規模なサイネージと一体となった体験型エリアを順次オープンさせていくと発表した。最初の開業は、2023年冬を予定している。

具体的には、各駅の構内に大規模なサイネージを設置し、魅力ある映像と連動したさまざまな体験型コンテンツを配信。リアル空間にありながら、デジタルと融合した、新たな発見・体験・交流につながる場を創出し、駅の価値をより増幅させていくエリアとなるという。

加えて、CO₂排出量を実質ゼロにした「ゼロカーボンメディア」としても運用していく予定。また、ビーコンなどのセンサーも設置し、情報発信やコンテンツの効果測定を行っていき、各施設のブラッシュアップも図っていくそうだ。

2023年の冬に開業予定となっているJR上野駅では、1932年に落成した2代目上野駅舎のファサードをそのままに、立体感のある映像放映も可能な約50㎡の大型曲面サイネージとイベントスペースを整備。そこで放映される3Dコンテンツと連動し、参加型のイベントを随時開催させたり、特徴的なオブジェを設置させたりといった展開を模索中だ。

JR上野駅の広小路口前に、大規模なサイネージとイベントスペースが設置される予定だ

さらに、2024年春には、JR上野駅の13番線に、体験型スペース「PLATFORM 13」を開業予定。列車が始発着する上野駅特有の重厚で細長いホーム形状をそのままに、約100mに及ぶ壁面を整備し、プロジェクターなどによる映像を表現できる空間を構築する。長さのある壁面を生かし、地域の祭りや巻物のような演出といった動きのあるコンテンツ、壮大な世界観や奥行きを表現できる映像などを展開していく。

また、JR秋葉原駅の中央改札外側には、大型サイネージと商業空間が一体となった駅型ショールーミングスペースが誕生予定。改札正面上部の大型サイネージと連動した商品の購入・新しいサービスの体験が可能なスペースを整備していくようだ。こちらは、2024年春の開業予定。

秋葉原駅中央改札前の完成イメージ

バックヤードスペースも完備し、軽飲食用の簡易厨房設備を用意する

そして、JR新宿駅の南コンコースエリアには、天井分のロングサイネージや48面柱サイネージ、約55㎡の大型サイネージと、3つの特徴的なデジタルメディアを設置。地域・沿線の旬な情報や魅力を教えるコンテンツを配信し、観光などの移動需要を喚起していく。こちらも同様に、2024年春に開業予定となっている。

天井部のロングサイネージや、48面に及ぶ柱サイネージなど多数の演出によって、JR新宿駅内を盛り上げる

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 1日単位でデジタル広告を購入できるオンラインサービスを開始、ヒット

  2. オンラインセミナーに正体不明のミマキマンが登場! ウインドウ装飾のいろはを解説、ミマキ

  3. 東京メトロ日比谷線の新駅名称決定。「虎ノ門ヒルズ駅」に

  4. サイン業界向け低溶剤インク搭載IJPシリーズに新しく4機種をリリース。ハード設計をいちから見直し、よ…

  5. デジタルプリント壁紙「りゅうそう。」が令和2年度沖縄県推奨優良県産品に認定、J&S

  6. 「応援広告」の認知度、活用度を調査するWebアンケートを実施。推し活の推定市場規模は、「屋外広告・交…

  7. 皮革・合皮への美しいプリントを実現するソルベントUVプリンター「SUJV-160」を発売、ミマキエン…

  8. 国内最大の業界見本市・サイン&ディスプレイショウも中止が決まる

  9. 味の素AGF 天然木看板を群馬のブレンディの森に新設

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP