屋外広告視認者のスマホ情報から「属性」「趣味趣向」「消費動向」「移動導線」まで可視化する実証実験、サーチ

屋外媒体を運営するサーチは3月14日、広告視認者の「属性」「趣味趣向」「消費動向」「移動導線」をスマートフォンから発するSSIDを分析し、可視化する実証実験をJR新橋駅前の「新橋SLビジョン」で開始したことを発表した。

この実証実験は、スマートフォンが発するSSIDを独自開発のWi-Fiセンサーで取得する技術を提供しているOxyzen(オキシゼン)と共同展開。

両社では、屋外広告の視認者をWeb・スマートフォン広告のような個々人ではなく「集団」として把握。 人数・年代・性別・視認態度などの基本データに加え、それらは「どのような人々で、どこへ向かい、目的は何なのか、日々あるいは時間単位でどのように変化するのか」という「集団としての性質」を可視化するとしている。

消費動向の把握につながるリアルタイムデータ

これにより、広告視認者の「属性」「趣味趣向」「消費動向」「来街目的」の可視化につながる、さまざまなデータを取得できる。なお、取得データには個人を特定する情報は一切含まれない。

移動手段や居住エリアも把握できる

今後についてはサーチが開発を進める、屋外広告の費用対効果を可視化するサービス「OOH Analytics」とマッチング。これにより、人数・性別・年代・視認態度などの基本データはもちろん、「広告接触者のコホート(集団としての性質)の把握」を可能にするため、取得データをもとに広告主と広告視認者のエンゲージメントを飛躍的に高められるという。

費用対効果を分析する「OOH Analytics」

屋外媒体は現在でも、最寄駅の乗降者数など曖昧な過去のデータを使用しているケースが多く、エビデンス主体のサービス提供に貢献したいというサーチ。同社では今後、取得データを長期間蓄積していけば、現状の把握にとどまらず、再開発や社会情勢による「街の変化」も鮮明にデータ化されるため、広告分野以外での活用も見込めるとしている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 地元スポーツチームへの応援メッセージがデザインされた屋外広告を発売、長田広告

  2. 【参加者への独自取材】7回目を迎えた看板の業務全般を学べるサインスクール、サインの森

  3. S&Dショウで第4世代インク搭載の最新ハイエンドモデル「HP Latex 800W」と広範…

  4. JR貨物 看板と表札を統一意匠に

  5. 秋田県 「アキタ」の剥がせる交通広告で秋田犬年をアピール

  6. 【サインの森オープンセミナー】働き方改革とは多様性の受け入れ、サイボウズ

  7. オリジナル看板や広告を設置できるロッカー式自販機のレンタルサービスを1月から開始 アイナス

  8. 短時間で業界の最新情報を網羅できるオンラインセミナー。11月17日にはポリ・テープ・ジャパンの両面熱…

  9. 渋谷と戎橋の大型屋外広告ビジョンで日本初の本格3D広告映像を放映開始、ヒット

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP